「え?病院キライ?オレも大キライだぜ!」
ご存知、野良医者“エバっちゃん”が、シキイの高い医学界を、力いっぱい引きずりオロし、
細かくクダいてさしあげる、一番ワカりやすい「ツレヅレ雑談」“That's done!”
«Prev || 1 · 2 · Next»

2006年06月04日

★Top-282:「野口英世に小泉首相が感激…?あの衝撃の“事実”、首相はご存知なのかなぁ…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。オレも、かつて尊敬していた?「野口英世博士」ユカリの福島県:会津地方は、それこそ何度も何度も訪れていますんで…(後半へつづく…)。


【◆絶対さわるな!】




★【小泉首相:会津地方を訪問 野口英世記念館に「感銘!」 /福島】




猪苗代町出身の細菌学者、野口英世(1876〜1928)にちなみ「野口英世賞」の創設を表明している小泉純一郎首相は2〜3日、会津地方を訪れた。


野口英世記念館(猪苗代町)や大内宿(下郷町)を視察し、「歴史に残る名所がたくさんあり、伝統を感じながら旅を楽しめる」と福島県の印象についても語った。


現役の総理大臣が公務で来県するのは初めて。


野口英世賞創設は小泉首相の発案とされ、アフリカの医療に貢献した人物に授与される。野口博士は、ガーナで黄熱病を研究中、51歳の若さで死去した。第1回目の授賞式を予定する08年は没後80年に当たる。


会津若松市の東山温泉に1泊した小泉首相は、3日午前、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている大内宿を訪問。宿場町を取り囲む木々を眺めながら、「人生いろいろ、緑もいろいろ」と豊かな自然にも感銘を受けていた。


同日午後には、最大の目的地である野口英世記念館を視察。野口博士の生家や、今年4月に初公開された恩師にあてた手紙を見学した。


同館内で記者会見した小泉首相は「あらためて野口英世博士の偉大さに感銘した」と感想を述べた。野口英世賞の創設について「ノーベル賞に匹敵するもので額は1億円から2億円の間をみている。授賞式は5年ごとで、08年に1回目の授賞式を行いたい」と述べた。


同館の八子弥寿男館長は「賞の設立を歓迎している。観光地としてさらに全国にPRしていきたい」と述べた。


この日は土曜日ということもあって、小泉首相の行く先々では人だかりができ、歓声をあげる観光客の姿が見られた。下郷町の自営業、阿部真理子さん(30)は「独特のオーラが出ていましたね」と笑顔で話していた(…以下、続く)。


(この記事はYahoo!ニュースより引用致しました。)




★キーワード:【小泉首相 会津若松 野口英世 】★



(イントロからのつづき)


オレが医者になったキッカケは…


世のお医者さんたちにモレず?…
ご幼少のミキリに、「野口英世」の伝記をよんだことに始まる(←意外ですか?)、



幼いころ、ハンデをせおった清作少年(=のちの「野口英世」)が、
イジメなどの逆境にもメゲず、努力に努力を重ねて、ついには医者になり…


しかし、学歴がないため(=東京帝国大学:イマの東大出身ではなかった)、単身、アフリカにわたり、文字通り、命をけずってまで、研究を続け、世界の人々のためにつくした、偉大なる医学博士…


相当のイジメラレっ子だった、当時小学生のオレは(←またまた意外ですか?)、この「野口英世」の偉人ぶりに、相当の影響をうけ、「ヨッシャ、オレもいずれ…」なぁんてな、大胆不敵?な目論見(モクロミ)を、当時しちまった、ってぇワケです。


その後の人生で、まぁナンとか、「医者」になり、「医学博士号」っちゅう称号を与えられたオレだけど…

その後の人生は…野良医者:ホームレス・ドクターに成り下がっちゃう、なんて、偉人=「野口英世」とは、雲泥の差、ツキとスッポン以上の違い、ですよ。




…って、語ったトコロで…





知っているヒトは知っている、

「野口英世」の、大スキャンダルをおハナシいたしましょうか?





実は、


「野口英世」博士は…






希代の......













「借金病 しゃっきんびょう」



だった…っていう、“衝撃的事実”を、皆サマご存知か?





え?

信じられない…って?



残念ながら、事実です。




ナンせ、

大金をヒトから借りまくり! 

ドッカンドッカン、湯水のように散財し!!

決して返さないことで、有名な人物!!! だったのだからね!





以下、参考文献として、

「野口英世の金銭感覚」っていうページから、以下、抜粋しますんで。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/J039.htm





===============================



(中略)

返した気配はなく、かなりの不義理を重ねています。 
お金を借りることの名人で、返さなくても何とも思わなかったようです。



(中略)



ところが、横浜の大料亭「神風楼」で友人たちと別離の宴を大々的に行い、この大金が残金30円になってしまいました。ビリヤードですったとも言われています。

まだ船の切符も買っていませんでした。また泣き付かれた血脇さんは、あきれながらも高利貸しから300円借りて、野口に渡しました。

ただし、切符や衣類は現物で渡したそうです。(血脇さんは後に、「男に惚れてはならぬ」と、息子に語ったそうです。)



(中略)



フレキスナー教授に頼み込み、なんとか私設助手にしてもらいました、
月俸8ドルです。これだけでは食べるのも大変で、また日本から借金をします。



(中略)



50ドルの給料を、もらった晩に36ドル使ったこともありました。たびたび友人たちから借金をしています。”野口に金を貸すな”、研究者仲間で交わされていた言葉です。




===============================


以上です。ユメをコワしてゴメンなさい。





オレは、この
「野口英世の異常なる金銭感覚」っていう衝撃スキャンダルを知ったとき…



ある人物を“瞬時”に思い出した。






スルドい読者諸氏なら、もうおワカリね…?





そう!



あの!




オレが心から信頼し、尊敬していたのをいいことに、
オレを騙(だま)し、謀(たばか)り、背(そむ)き、陥(おとしい)れ…



このオレから、


「地位」も「名誉」も「財産」も「信頼」も「家族」も
「職場」も「カラダの健康」も「ココロの健康」も「オカネの健康」も…


すべて!全部!!きれいサッパリ!!!奪い取り、ハギとった…




例の!
オレの「ある身内」…なのだよ。





この「ある身内」氏(?)は、

周囲のありとあらゆるヒト…家族親類縁者、友人、職場の仲間…
果ては…サラ金業者!までも、タクミなウソで騙(ダマ)し、金を借りまくる、



まさに、

「借金のカリスマ」
ミスター・「借金王(=シャッキング)」…だったんだよ!






今回の記事の、

「野口英世」と、例の「ある身内」氏(?)…


2人とも、オレ自身が小さいころから、「尊敬していた人物」で、

しかも、両方とも「医者」「医学博士」だ…ってぇな共通点があるもんだから…



オレ、どうにもこの
「野口英世」と、かの「ある身内」氏が、アタマん中で、カブっちまうんだな。




まぁ、この借金問題が、「野口英世」博士の業績にキズがつくことはないだろうけど、オレはそれ以降、「野口英世」博士を、心のソコから尊敬することは出来なくなっちまったなぁ…




で、現在、この金銭感覚ゼロで、周囲に迷惑かけまくった「野口英世」博士が、日本中で、一番使われている1,000円札の肖像画になっちゃってる…ってぇ事実が、ナンともヒニクなモンですよね…







【◆さわるべからず!】




ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2006年05月21日

★Top-278:「イマドキの子どもは、お金よりも大事なものがある…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。今回のこの記事、読んでて、正直チョッとホッとしましたよ(後半へつづく…)。



(今回は、ひさびさ、「おカネの健康」編、です)



【◆絶対さわるな!】




★【子どもお金調査:お金よりも大事なもの、8割が「ある」】




日銀などでつくる金融広報中央委員会が17日発表した「子どものくらしとお金に関する調査」で、「お金よりも大事なものがあるか」との問いに小中高校生の約8割が「そう思う」と答えた。


「勝ち組」「ヒルズ族」などと、成功者がもてはやされる風潮が広まるが、同委は「子供の金銭意識は予想以上に堅実だ」と分析している。


ライブドア事件を挟んだ昨年12月〜今年3月、全国の小中高校506校、8万7447人を調査した。


「お金持ちはかっこいい」との問いに「そう思う」と答えた割合は小学校低学年と高校生が2割強と、回答者の中で最も高かった。


しかし、小学校高学年は同じ質問に約7割が「そう思わない」と答え、最も否定的だった。その一方で、中高生の6割以上は「お金をもうけられることはすばらしい」と答えた。


また、1カ月の小遣いの額は、小学校高学年で平均1122円、中学生2738円、高校生5590円だった(…以下、続く)。


(この記事はYahoo!ニュースより引用致しました。)




★キーワード:【子ども お金 経験 感動】★




(イントロからのつづき)



ま、一連のライブドア事件に端を発した、「拝金至上主義の大崩壊」で、幕をあけた2006年、だったけど、今回のこの記事、



「お金よりも大事なものがあるか」との問いに小中高校生の約8割が「そう思う」と答えた。



…ってぇことは、残りの約2割が、



「お金よりも大事なものはない」 or 「お金がもっとも大事」




…って答えたのかいな?



この2割の小中高校生の連中の、オヤのカオが是非、見たいもんです。



あのライブドア事件や、村▲ファンドのカネを嗅ぎわける下品さ、耐震偽装事件の、自分のフトコロさえよけりゃ、他人の財産なんてドーでもいい…的な、拝金至上主義の亡者ドモの愚劣な行為から、今回のこの2割の小中高校生と、そのの親ドモは、ナ〜ンも!学ばなかった?あるいは学べなかった…ってぇことなのかしら?





「おカネが一番!それじゃおカネより大切なものは、一体ナンだよ!?」




なぁんてな、愚問中の愚問!が、ソイツらから聞こえてきそうだから、

このオレ、
ホームレス・ドクター=野良医者:江畑が、答えてシンゼよう。



アリガたくききたまえよ。





おカネより大切なもの…


それは、



経験であり、
感動であり、
愛であり、
友情であり、
家族であり、
親であり、
兄弟姉妹であり、
子どもであり、
友人であり、
時間であり、
心身の健康であり…





つまり、

『おカネで買うことの出来ないもの』、なんだってば。




ココで、以前書いた、


「真のしあわせについて」のコラムを再度、掲載するんで読んでクレ。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
真の「しあわせ」って、ナンだっけ…? (2006/03/07火 配信済み)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


------------------------------------------------------------


★【幸せが「お金」で買えることが証明された!?】



(中略)


このほど、大阪大学の筒井義郎教授が行った研究によると、「ある程度の幸せは
お金で買える」ということが判明したのだという。また、収入が増えていくに
つれて「ぼかぁ幸せだなぁ〜」という実感もUPすることもわかったんだそう
だ(中略)。


しかし、その幸福度がお金に比例するのは、どうやら世帯所得1500万円付近
までで、それ以上は所得が上がっても幸福度はあまりあがらない結果も・・・。


どうやら所得が1500万円を超えると、徐々に幸せに対する価値観が「お金」
から別のものに移動してしまうんだとか。別のものとは一体ナンなんでしょう
ね(中略)。

『日本のお金持ち研究』(日本経済新聞社)によりますと、日本のお金持ちの多
くは東京に住んでいて、一般の人より貯蓄率が高く、一部のお金持ちは、百億
円以上の資産を持つ人もいるそうです(中略)。


でも、幸せの定義というものは人によって様々だよね? おぼろげながら考え
てみると、買いたいものが買えたり、やりたいことができたりと、何かをした
いと思ったときの可能性を選べるくらいのお金は確保できることが幸せなのか
な、と思ったりします。前出の筒井教授によると「他人の生活基準が気になら
ない」人のほうが、幸せ!…と思えるそうですよ(中略)。


でも、ついつい隣が気になって覗いてしまうんですよね。さしあたり、お金と
幸福度が比例する年収1500万円に到達するまでは、ぶつくさ言わずに働いて
みることにしましょうか(…以下、続く)。


(この記事はライブドア・ニュース:2月28日(火)より引用致しました。)



------------------------------------------------------------




★キーワード:【幸せ お金持ち 所得 年収】★




(イントロからのつづき)


前回、このニュースを読んだオレは、

前社長の「金さえあれば、ナンでも買える!」発言のホリエモンや、前取締役
の「世の中、金だよなぁ〜…」発言の、宮内 氏らを解任したばっかの新生ライ
ブドアなのに…このライブドア・ニュースじゃ、「ふたたび“拝金主義”復活か
…?」なぁんて、タイトルだけ見ると、読み手にゴカイを生じさせる記事?か
も知んない…って書いたよね。


この記事じゃ、ガムしゃらに1,500万ためて、それから、オカネ以外で、
人生を有意義に過ごせそうな「他のモノ」を探す…って書いてあるけど、


その「他のモノ」って、じゃ一体ナンだよ?…さらに、その「他のモノ」で
人生を潤(うるお)すには、1,500万の年収が最低限必要だ…ってな結論、
ですかぃ?




正直に言っちゃうけど、現在、日雇いで喰いつないでいる「ホームレス・ドク
ター」=「野良医者」のオレは、当然のことながら、「1,500万の年収」なんか
は、とても稼げちゃあいない(=前回書いたっけ?)。



だけど、オレは大学病院にいた頃よりも、野良医者である今のほうが、ずっと
ずっと幸せだ…って自分では思えるようになってきた(…負け惜しみなんかじ
ゃなくって、ね)。




オレが、数年前、心から信頼し、尊敬していた、ある身内に、騙(だま)され、
謀(たばか)れ、裏切られ、結局「一文無し」になっちまって…



ソコから、
歯を喰いしばって必死に生きてきた現在まで…


ホントの意味で、いい修行?になったし…ヒト(他人)のタテマエやホンネも
判るようになったし、またヒト(他人)の親切や、優しさも以前より敏感にな
って、感謝の気持ちが沸くようになったし、ドン底から這い上がる雑草のようなド根性も身についたし…



ナニより、このメルマガを書き続けたことによって、13,000人以上ものファン
(=読者)を得ることが出来たし…




コレらは、
決してオカネじゃ買えない、「貴重な人生の経験」でしょ? 





かのスピリチュアル・カウンセラー=江原 啓之 氏は、その著書の中で、



人間が、死んだあと、現世(うつしよ=この世)から、幽世(かくりよ=あの
世)に行く際、持っていけるのは、「肉体」はもちろんのこと、「地位」でも「名
誉」でも「財産」でもでもなく、




「経験」と「感動」だけ…




…って書いてるのを、オレ読んだとき、


オレは他人がとてもじゃあないが体験できない、波乱万丈な人生を歩まされて
いて…その結果、稀有(けう=めすらしい、の意)な「経験」と「感動」を
トコトン味わうことが出来て、ホントは「しあわせ」なんじゃないのかな…?
なぁんて最近考えられるようになってきた。




このライブドア・ニュースを見て、
「しあわせって、結局オカネだなぁ〜…」って感じてっしまった方々、




「経験」と「感動」は、どんな大金よりも勝るんですよ。




また、
あいだ みつお 氏の




しあわせは いつも じぶんの こころが きめる




…っていうこの名言、ご存知かな?
ソコントコ、ジックリ、シッカリ、時間をかけて考えてクダサイませ。



(↑ナンてぇなこといくら書いても、オレみたいなセッパつまった、人生ヒッ
クリ返るようなドンゾコ経験をしなきゃ、こういうサトリは開かんかも知んな
いけどね…?)





----------------------------------------------------------------------




↑以上、思い出しました?




あのね、「おカネ」は、
たしかに生きていく上で、すべてに大いなる影響を与えるモノ、なんだけど、




「おカネ」それ自体は、“ツール=道具”、であって、
それ以上のモンでも、それ以下のモンでもないんだぜ。おワカリか?




人生(=生活)を安定させる“ツール=道具”…それが「おカネ」。



人生(=生活)を、自転車にたとえたなら、


「おカネ」=安定させる“ツール=道具”…
「補助輪 ほじょりん」みたいなポジションなんだよ。




だから、「おカネがすべて!」…って言ってるヤツらは、自分の自転車を指差して、「補助輪 ほじょりん」がすべて!…って言ってるのと、同んなじなんだぜ。




相当に、コッケイだろ? 笑っちゃうよな?




「補助輪 ほじょりん」は、たしかに便利なツール(=道具)。


ソレより、オマエが今、乗っている、
その自転車(=人生)自体は、ド〜なんだよ…って質問したくなるんだよな。




ゴカイのないように言っておくけど、オレは、おカネなんかど〜でもいい、って言ってるわけじゃない。おカネはたしかに大事。なきゃ相当困るモンだ(オレも経験ズミ)。



おカネを稼ぐこと自体は、
大いに結構(ただし、合法的、かつ、ヒトに迷惑のかかんない範囲で)。



ただし、おカネという「ツール(=道具)」を使って、自分の人生をどう彩(いろど)るか?自分以外の他人を、どのくらい幸せに出来るか?いかにして、社会貢献が出来うるか…が、大いなる人生のテーマ?なんじゃないの?




逆に、



おカネという、「ツール(=道具)」に振り回される?人生…って、ソレはかなり不自然で、由々しき問題なんだぜ。理解(わか)ってくれるかな?



残念ながら、そういうヒトが多ね、イマの世の中は。


金持ちも、貧乏人も、自称中流?も。



おカネという、補助輪(=道具)に振り回されている、アワレな自転車(=人生)が、巷(チマタ)にテンコモリに溢(あふ)れてるよな。





最後に、
あいだみつを氏の言葉を引用させていただく(またかよ)。





うまれた ときは はだかんぼ


しぬときは それさえも おいていく





おカネは、いっくら稼いでも、
「幽世 かくりよ=あの世」には“1円”たりとも、持っていけないんだってば。



アッチに持っていけるのは、
「たましいの経験と、感動のみ」なんですよ(by 江原 啓之)。


オレは、オレ自身が、「現世 うつしよ=この世」から、「幽世 かくりよ=あの世」へ里帰りする、その日まで、




自分以外の、他人にドンだけ愛情を注げるか…
それも、見返りの一切ない、無償の愛情を、いかに多く与えられるか…




その手段として、
大いに、「おカネ」というツール(=道具)を使いまくりたいモンですな。


(↑カッコつけすぎましたか?)



【◆さわるべからず!】





ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2006年04月22日

★Top-271(2):「ど〜にでもなれ、アイフル…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。

前回のつづき…
「オカネの健康」にかんする、薀蓄(ウンチク)…ってぇか、“警告”です!


(後半へつづく…)。


【◆絶対さわるな!】






★「ど〜にでもなれ、アイフル…?」






医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。

今回は、先週の金曜日(2006/04/22)に配信した、アイフル事件のコメントの続きです。

まずは、そのアラマシを…




=================================





★【アイフル 全店舗対象に業務停止命令 金融庁】





金融庁は14日、強引な取り立てをするなど違法行為が相次いでいたとして、
消費者金融大手の「アイフル」に対して、国内約1900の全店舗を対象に、
5月8日から3日間、貸し出しなど業務の大半を停止する行政処分を出した
(中略)。


同時に違反行為の行われた北海道、近畿などの5店舗に対しても、貸金業規制
法に基づき同日から20〜25日間の業務停止命令を出した。消費者金融大手に
対し全店舗の業務停止を命じるのは初めてで異例の厳しい処分になった(中略)。


アイフルの福田吉孝社長は会見し「処分を厳粛に受け止め、おわび申し上げる」
と陳謝した。原因について「成果主義を求め過ぎた」と述べ、店舗の業績を個
人のボーナスに直結させるノルマ至上主義があったことを認めた(以下、略)。



(↑Yahoo!ニュースより引用)





★ キーワード:
【消費者金融 アイフル 高利貸し ヤミ金 債権者 多重債務者 オカネの健康】






(イントロからのつづき)



「ご利用は計画的にぃ…」

なぁんて、ブリブリのアイドル「安田■沙子」が、チワワとジャレあいながら、
語りかける、ご存知、「どうする…アイフル?」のテレビCM…



しかし、実際…


ま裏では、まっこと!非情で残虐な!
暴力団まがいのトリタテが、会社のノルマとして…

日々行なわれていたんだね。まぁ、充分に想像できうることだけど。




今回のこの一件、

悪いのは=「アイフル」…コレはまぁ、当然、として…



あのさぁ、

借りる方…これを「債務者 さいむしゃ」という(…ご存知か?)も、
もちっと冷静な目?が必要なんじゃないのかな?


あ〜、冷静じゃないから…
セッパ詰(つ)まってるから、こういう悪徳業者から、カネ借りちゃうのか…




「ご利用は計画的にぃ…」


ゼンゼン、冷静になれない、アタマがテンパっているんだから、「計画的に…」
なんかできないんだって。明日のカネにも困ってるヒトらにとっちゃあさ…




「とにかく、今(今月?)の支払いを、乗り越えるだけ!」


↑コレしかない、らしいんだな、
「多重債務者 たじゅうさいむしゃ」サンたちの、アツくなったアタマん中には。




で、ドウにか、
ナンとかして(=アイフルとかから借りまくって?)…


また次、「来月の支払い」
…ってぇヤツに追っかけられて…ヤッキになって、また借りて…



で、結果、
雪ダルマ式に借金が増大していって、


貸す方…これを「債権者 さいけんしゃ」という(…ご存知ね?)も、
ドンドンドンドン増えちゃって



…っていう、
こういうパターンなんでしょ?






実は、
オレも経験があるんだよな。この「消費者金融」ってぇヤツには。




あ、ゴカイしないでほしいんだけど、


オレ(=江畑)が、カネを借りに、ソコへ行ったんじゃないぜ。




聡明なる読者諸氏は、もうピン!ときたかな…?




(↓以下、いつものパターン。飽きましたか?)




==========================




コレはいままで、オレのメルマガで、
何度も 何度も 何度も 何度も 何度も 何度も 書いてきたこと、なんだけど…



オレが数年前、「大大大アクシデント」に巻き込まれ、
それから必死にリハビリをして、ようやく社会復帰しよう、としていた矢先…



オレが心から信頼し、尊敬していた、ある身内に、
騙(だま)され、謀(たばか)れ、背(そむ)かれ、陥(おとしい)れられ…


「地位」も「名誉」も「財産」も「信頼」も「家族」も「友人」も「職場」も
「家」も「クルマ」も「カラダの健康」も「ココロの健康」も「オカネの健康」
も…


すべて!全部!!
きれいサッパリ!!!無くしちゃって…



結局「一文無し」のスッカラカンのスッテンテンになっちまったんだ。



(…結局オレに残ったのは、自由に動かないカラダと、閉じたココロと、
カラッポの財布と、シミのついた使えない医師免許、だけでした…)



さぁ、そっからのオレは、まるで取り憑かれたかのごとく、必死になって、
「カラダの健康」「ココロの健康」「オカネの健康」のリハビリを始めた…


で、ソコから、
歯を喰いしばって必死に生きてきて、現在にいたるんだけど…





==========================





…っていう、
例のオナジミのお話、なのですがぁ…!



この「ある身内」に、
数年前、オレはあるところに連れてこられたんだ。



ナンだか、一等地にある、ドでかいビル...
で、結局、ソコは、かの有名な「某・消費者金融」の自社ビルだったんだ。





そのころオレは、
件(くだん)の「ある身内」を、ホント、心のソコのソコから信頼しきってて、



「あぁ、世間の人たちみんなから、
人望を集めてる、こんな“医者”に、オレもなってみたいもんだなぁ…」



なぁんてな、
今から考えたら、十二分に愚(オロ)かしいココロザシを持っていたんだよな。







(アレ…?その「ある身内」の“職業”、わかっちゃったかな…?)




=================================



(↓こっから、今週の新・書き下ろし!)




さて…
聡明なる読者諸氏なら、もうお気づきだと思うけど、


オレがココ(サラ金ビル)に、連れてこられた理由…







そんなん、決まってんだろ?






オレを、借金の

「連帯保証人 れんたいほしょうにん」…にするため!






まぁ、バカでマヌケな、
オボッチャンドクターのオレは、


「連帯保証人 れんたいほしょうにん」


の意味なんて、
当時、まるで、全…ッ然!サッパリ、ワカンなかったんだよな…






ココで、
「連帯保証人 れんたいほしょうにん」についての、「21秒解説」?!を…





=================================



◇「ら行:れ」◇



★【連帯保証人】(=れんたいほしょうにん)★★★★



債務(さいむ=借金)に対して、
主債務者(借りた本人)と、同等の責任を負わされる人のこと。



一般に考えられているよりも、「連帯保証人 れんたいほしょうにん」の立場は深刻だ。「連帯保証人 れんたいほしょうにん」とは、主債務者(お金を借りた本人)の返済が滞った場合のみならず、滞らない場合でも本人と同じ立場で債務返済を迫られるということもありうるからだ。特に、商工ローンなどが相手の場合には、「根保証」や「包括根保証」などをさせられているケースも多く、こうしたケースでは、後々雪だるま式に膨らんだ「連帯保証債務 れんたいほしょうさいむ」が、降りかかってくる可能性も高くなる。(…All About より抜粋)





=================================





ここでいう、

「根保証 ねほしょう」や
「包括根保証 ほうかつねほしょう」なんてぇな、専門用語は、ハショるとして、


ブッチャけ、

この場合、借りたヤツ(=オレが盲目的に尊敬、信頼していた“ある身内”)の「借金」を、この人物(=“ある身内”)に、もしもナンかあったら、代わりに全部、オレ(=江畑)が、ひっかぶるのに、同意しました…

…ってぇこと。




よくいるよねぇ…


「絶対に迷惑はかけないからさぁ…」

って、借金グセのついてるヒトの、ネコナデ声の、たくみな
ウソを見抜けず、「連帯保証人 れんたいほしょうにん」にならされちゃって…


結果的に、自分の責任じゃない、
多額の「借金」を、背負わされて、人生狂っちゃうヒトがさ…





数年前の
オレ(=江畑)が、まさにソレ、でした。






で、結局、


その「ある身内」に、騙された、裏切られた、謀(たばか)られたショックで、立ち上がれないほどの当時のオレに、その莫大なる、「負=マイナスの遺産?」が、ソックリそのまんま、ドカン!と、襲いかかってきた…ってぇワケ。




まぁ、そん時の「連帯保証」の額なんて、
結局は、たいしたことはなかったんだけど…



その「ある身内」は、この件以外にも…



数年前、いや、数十年前!から、


オレを含むオレの家族に対して、巧みな
マインド・コントロール(洗脳?)を、うまぁ〜く、施(ほどこ)していて…




オレと、当時のオレの家族は、全員、自分らの
“実印”や、“キャッシュ・カード”、“通帳”なんかを、その「ある身内」に…




ナンの疑いもなく、譲渡?…つまり、ソックリ手渡ししていたんだ…





で、結局、トドのつまり…



オレら家族… 特にオレ(=江畑)は、


「地位」も「名誉」も「財産」も「信頼」も「家族」も「友人」も「職場」も
「家」も「クルマ」も「カラダの健康」も「ココロの健康」も「オカネの健康」
も…



全部、失っちゃって…



一文ナシ状態で、クリスマスのイルミネーション輝く、
真冬で凍える、漆黒の夜の街に、ハダカ同然で、放り出されたんだ。


(スゲぇ話だろ? 正真正銘、“実話”だぜ。)






なんで!

どうして!ソンな…



“実印”や、“キャッシュ・カード”、“通帳”なんかを、
「ある身内」に全部渡す、なんて、トンでもない、ヒジョーシキな愚行!を、




オレを含め、
当時のオレの家族は、やったのか?…って?


(当然のギモンだよなぁ…この健康&良薬メルマガの読者サンにしてみれば)







だって、




その「ある身内」ってぇのは…







オレ、
内科医:江畑 李下の…








『●●の●●●●』








だったんだから、さ…




(↑上記、伏せ字=●の部分は、申しわけないんだけど、
今は書けない…オレ専属の「弁■士サン」に、キツク止められているからね。



すべて、「カミング・アウト=告白」できるその日まで、待ってて下さいな…)





そのうち、喋れる範囲で、
チョッとずつ、このメルマガで、小出しにしていくかもよ…?





また、機会があったら、


オレの元:実家を、
ヤミ金たちが占拠(!)して、警察沙汰になっちまったおハナシや、



生きる希望を失った、
オレと当時のオレの家族が、富士の樹海へ旅立とう!って決心したおハナシ…




…なんてのも、そのうち出来るかもね。





(そこのボーゼンとしている読者サン…

コレらは、全部、マジ、本当の、オレ=江畑に起こった「真実」なんですよ…)


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2006年04月17日

★Top-271(1):「ど〜でもいいや、アイフル…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。
よ〜するに、「高利貸し」でしょ?かわゆいかわゆいCMを、TVでホンワカ、ホンノリ、流していても、所詮は、ね…(後半へつづく…)。


【◆絶対さわるな!】



★【アイフル 全店舗対象に業務停止命令 金融庁】


金融庁は14日、強引な取り立てをするなど違法行為が相次いでいたとして、消費者金融大手の「アイフル」に対して、国内約1900の全店舗を対象に、5月8日から3日間、貸し出しなど業務の大半を停止する行政処分を出した。


同時に違反行為の行われた北海道、近畿などの5店舗に対しても、貸金業規制法に基づき同日から20〜25日間の業務停止命令を出した。消費者金融大手に対し全店舗の業務停止を命じるのは初めてで、異例の厳しい処分になった(中略)。


アイフルの福田吉孝社長は会見し「処分を厳粛に受け止め、おわび申し上げる」と陳謝した。原因について「成果主義を求め過ぎた」と述べ、店舗の業績を個人のボーナスに直結させるノルマ至上主義があったことを認めた(中略)。


 貸金業者への行政処分は通常、違反店舗だけが対象になる。しかし、アイフルは全国の複数の店舗で違法行為が発覚。強引な取り立てを本店が把握できていないなど、社内での法令順守体制に重大な欠陥があったため、厳しい処分に踏み切った。金融庁が全店を対象にした業務停止命令を出すのは、昨年11月の事業者向け貸金業者SFCG(旧商工ファンド)への処分以来。


【アイフル】
東証1部、大証1部上場の消費者金融大手。連結ベースの貸出金残高(05年9月中間期で2兆1701億円)は業界1位。1967年に福田吉孝社長が京都市で創業。


「可愛いチワワ」が登場するCMなど積極的な広告戦略や自動契約機導入で個人向け無担保ローン事業を伸ばし、信販会社ライフの買収(01年)や東日本銀行の筆頭株主化(05年)など意欲的な多角化を進める(…以下、続く)。



(この記事はYahoo!ニュースより引用致しました。)


★ キーワード:
【消費者金融 アイフル 高利貸し ヤミ金 債権者 多重債務者 オカネの健康】




(イントロからのつづき)




「ご利用は計画的にぃ…」

なぁんて、ブリブリのアイドル「安田■沙子」が、チワワとジャレあいながら、語りかける、ご存知、「どうする…アイフル?」のテレビCM…


しかし、実際…


ま裏では、まっこと!非情で残虐な!
暴力団まがいのトリタテが、会社のノルマとして…

日々行なわれていたんだね。まぁ、充分に想像できうることだけど。




今回のこの一件、

悪いのは=「アイフル」…コレはまぁ、当然、として…



あのさぁ、借りる方…これを「債務者 さいむしゃ」という(…ご存知か?)も、もちっと冷静な目?が必要なんじゃないのかな?


あ〜、冷静じゃないから、
セッパ詰(つ)まってるから、こういう悪徳業者から、カネ借りちゃうのか…




「ご利用は計画的にぃ…」

ゼンゼン、冷静になれない、アタマがテンパっているんだから、「計画的に…」なんかできないんだって。明日のカネにも困ってるヒトらにとっちゃあさ…




「とにかく、今(今月?)の支払いを、乗り越えるだけ!」


↑コレしかないらしいんだな、
「多重債務者 たじゅうさいむしゃ」サンたちの、アツくなったアタマん中には。




で、ドウにか、
ナンとかして(=アイフルとかから借りまくって?)…


また次、「来月の支払い」
…ってぇヤツに追っかけられて…ヤッキになって、また借りて…



で、結果、雪ダルマ式に借金が増大していって、

貸す方…これを「債権者 さいけんしゃ」という(…ご存知ね?)も、
ドンドンドンドン増えちゃって



…っていう、
こういうパターンなんでしょ?






実は、
オレも経験があるんだよな。この「消費者金融」ってぇヤツには。



あ、ゴカイしないでほしいんだけど、

オレ(=江畑)が、カネを借りに、ソコへ行ったんじゃないぜ。



聡明なる読者諸氏は、もうピン!ときたかな…?




(↓以下、いつものパターン。飽きましたが?)



==========================



コレはいままで、オレのメルマガで、
何度も 何度も 何度も 何度も 何度も 何度も 書いてきたこと、なんだけど…



オレが数年前、「大大大アクシデント」に巻き込まれ、
それから必死にリハビリをして、ようやく社会復帰しよう、としていた矢先…



オレが心から信頼し、尊敬していた、ある身内に、
騙(だま)され、謀(たばか)れ、背(そむ)かれ、陥(おとしい)れられ…


「地位」も「名誉」も「財産」も「信頼」も「家族」も「友人」も「職場」も
「家」も「クルマ」も「カラダの健康」も「ココロの健康」も「オカネの健康」
も…


すべて!全部!!
きれいサッパリ!!!無くしちゃって…



結局「一文無し」のスッカラカンのスッテンテンになっちまったんだ。



(…結局オレに残ったのは、自由に動かないカラダと、閉じたココロと、
カラッポの財布と、シミのついた使えない医師免許、だけでした…)



さぁ、そっからのオレは、まるで取り憑かれたかのごとく、必死になって、
「カラダの健康」「ココロの健康」「オカネの健康」のリハビリを始めた…


で、ソコから、
歯を喰いしばって必死に生きてきて、現在にいたるんだけど…





==========================





…っていう、
例のオナジミのお話、なのですがぁ…!



この「ある身内」に、
数年前、オレはあるところに連れてこられたんだ。



ナンだか、一等地にある、ドでかいビル...
で、結局、ソコは、かの有名な「某・消費者金融」の自社ビルだったんだ。



で、当時、世間シラズで、
無知なオレは、その「ある身内」の、借金の…



「連帯保証人 れんたいほしょうにん」



に、マンマとならされた…ってぇワケ。笑っちゃうでしょ?




そのころオレは、
件(くだん)の「ある身内」を、ホント、心のソコのソコから信頼しきってて、


「あぁ、世間の人たちみんなから、
人望を集めてる、こんな“医者”に、オレもなりたいなぁ…」


なぁんてな、
今から考えたら、十二分に愚(オロ)かしいココロザシを持っていたんだよな。




(アレ…?その「ある身内」の“職業”、わかっちゃったかな…?)





長くなりそうなんで、
以下、来週の火曜日(=2006/04/25)の「ツレヅレ日記」につづきますんで。


【◆さわるべからず!】

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2006年03月27日

★Top-267-2:「“幸せがお金で買える”? そう信じてヤマないアナタ、ココロの健康は大丈夫ですか…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。では前回(先週)の、ライブドアのニュース=「“幸せがお金で買える”?」のつづきから…


まずは、
そのニュースの概略をもう一度…



------------------------------------------------------------



★【幸せが「お金」で買えることが証明された!?】



(中略)


このほど、大阪大学の筒井義郎教授が行った研究によると、「ある程度の幸せは
お金で買える」ということが判明したのだという。また、収入が増えていくに
つれて「ぼかぁ幸せだなぁ〜」という実感もUPすることもわかったんだそうだ(中略)。


しかし、その幸福度がお金に比例するのは、どうやら世帯所得1500万円付近
までで、それ以上は所得が上がっても幸福度はあまりあがらない結果も・・・。


どうやら所得が1500万円を超えると、徐々に幸せに対する価値観が「お金」
から別のものに移動してしまうんだとか。別のものとは一体ナンなんでしょう
ね(中略)。


そもそも、日本におけるお金持ちとは、どんな基準によるもので、どのような
生活を送っているのでしょうかね? 『日本のお金持ち研究』(日本経済新聞社)
によりますと、日本のお金持ちの多くは東京に住んでいて(やっぱり青山あた
りですかね?)、一般の人より貯蓄率が高く(まあ当たり前といえば当たり前で
すが・・・)、一部のお金持ちは、百億円以上の資産を持つ人もいるそうです(中略)。


でも、幸せの定義というものは人によって様々だよね? おぼろげながら考え
てみると、買いたいものが買えたり、やりたいことができたりと、何かをした
いと思ったときの可能性を選べるくらいのお金は確保できることが幸せなのか
な、と思ったりします。前出の筒井教授によると「他人の生活基準が気になら
ない」人のほうが、幸せ!…と思えるそうですよ(中略)。


でも、ついつい隣が気になって覗いてしまうんですよね。さしあたり、お金と幸福度が比例する年収1500万円に到達するまでは、ぶつくさ言わずに働いてみることにしましょうか(…以下、続く)。


(この記事はライブドア・ニュース:2月28日(火)より引用致しました。)


------------------------------------------------------------




★キーワード:【幸せ お金持ち 所得 年収】★




(イントロからのつづき)


前回、このニュースで、オレは、


前社長の「金さえあれば、ナンでも買える!」発言のホリエモンや、前取締役の「世の中、金だよなぁ〜…」発言の、宮内 氏らを解任したばっかの新生ライブドアなのに…このライブドア・ニュースじゃ、「ふたたび“拝金主義”復活か…?」なぁんて、タイトルだけ見ると、読み手にゴカイを生じさせる記事?…かも知んないよな?


で、この健康&良薬メルマガの読者サンたちに、いつも言ってるよね…?


オレが提唱する「真の“健康”の定義」とは…?ってぇヤツをさ。



,,,って書いたの、おぼえてるかな?


もうご存知のとおり、
オレ(=江畑)が提唱する、「真の“健康”の定義」ってのは、


「カラダの健康」
「ココロの健康」
「オカネの健康」


この3つが揃わないと、ホントの健康ではない、豊かな人生は送れない…って、ツネヅネ言ってきた。


この記事じゃ、ガムしゃらに1,500万ためて、それから、オカネ以外で、人生を有意義に過ごせそうな「他のモノ」を探す…って書いてあるけど、


その「他のモノ」って、じゃ一体ナンだよ?…さらに、その「他のモノ」で人生を潤(うるお)すには、1,500万の年収が最低限必要だ…ってな結論、ですかぃ?



正直に言っちゃうけど、現在、日雇いで喰いつないでいる「ホームレス・ドクター」=「野良医者」のオレは、当然のことながら「1,500万の年収」なんかはとても稼いでいない(前回書いたっけ?)。


だけど、オレは大学病院にいた頃よりも、野良医者である今のほうが、ずっとずっと幸せだ…って自分では思ってる(…負け惜しみなんかじゃなくって)。


オレが、数年前、心から信頼し、尊敬していた、ある身内に、騙(だま)され、謀(たばか)れ、裏切られ、結局「一文無し」になっちまって…


ソコから、歯を喰いしばって必死に生きてきた現在まで、ホントの意味で、いい修行?になったし…ヒト(他人)のタテマエやホンネもわかるようになったし、またヒト(他人)の親切ややさしさも以前より敏感になって、感謝の気持ちが沸くようになったし、ドン底から這い上がるド根性も身についたし…


ナニより、このメルマガを書き続けたことによって、13,000人以上ものファン(=読者)を得ることが出来たし…


コレらは、
決してオカネじゃ買えない、「貴重な人生の経験」でしょ? 


かのスピリチュアル・カウンセラー=江原 啓之 氏は、その著書の中で、


人間が、死んだあと、現世(うつしよ=この世)から、幽世(かくりよ=あの世)に行く際、持っていけるのは、「肉体」はもちろんのこと、「地位」でも「名誉」でも「財産」でもでもなく、


「経験」と「感動」だけ…


…って書いてるのを、オレ読んだとき、オレは他人がとてもじゃないが経験できない、波乱万丈な人生を歩まされていて…その結果、稀有(けう=めすらしい、の意)な「経験」と「感動」をトコトン味わうことが出来て、ホントは「しあわせ」なのかな…?なんて最近考えられるようになってきた。



このライブドア・ニュースを見て、「しあわせって、結局オカネだなぁ〜…」って感じてっしまった方々、


「経験」と「感動」は、どんな大金よりも勝るんですよ。

また、あいだ みつお 氏の

しあわせは いつも じぶんの こころが きめる

…っていうこの言葉、ご存知かな?


(↑ナンてぇなこといくら書いても、オレみたいなセッパつまった、人生ヒックリ返るようなドンゾコ経験をしなきゃ、こういうサトリはひらかんかもね…?)







========================================




さて…ホームレス・ドクター=野良医者のオレが、読者の皆サマ方に、ツネヅネ言ってる「真の“健康”の定義」を思い出してほしいんだけど…


ここで、オレが以前書いた、「21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典」での、「カラダとココロとオカネの健康」の項を以下に記しますんで…



========================================


「カラダとココロとオカネの健康」

(からだとこころとおかねのけんこう)Index【No.26】◇「か行:か」◇


WHO(=世界保健機構)における「健康 けんこう」の定義…ってぇのは…「“健康”とは…完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病=病気の存在しないことではない。」…ってなってるけど、ホームレス・ドクター:野良医者のオレ(=江畑)の経験からいうと、「真の健康」…ってぇのは、「カラダ」「ココロ」「オカネ」…この3つの健康が、すべて兼ねそなわっている状態…なんだってば。…数年前、この3つの健康を、一瞬にして!失った過去をもつオレ(=江畑)が唱えてんだから、含蓄(ガンチク)があんだろ、な?


(以上、21秒!)


========================================


要は、「オカネ」だけあっても(=オカネの健康が十分でも)、「カラダ」と、「ココロ」の健康が伴わなきゃ、真の健康だ…とはいえない、ってぇこと。




誤解しないでほしいんだけど、
オレ、なにもツツマシヤカな生活を推奨(?)してる、ってぇワケじゃない。




だから、この記事にある、

『年収1,500万円を超えると、徐々に幸せに対する価値観が「オカネ」から別のものに移ってしまう…』

…っていう箇所が、たぶんソレなんだろうな。


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2006年03月01日

★Top-267-1:「“幸せがお金で買える”? そう信じてヤマないアナタ、ココロの健康は大丈夫ですか…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。この健康&良薬メルマガの読者サンたちに、いつも言ってるよね…?オレが提唱する「真の“健康”の定義」とは…?ってぇヤツをさ。(後半へつづく…)。


【◆絶対さわるな!】



★【幸せが「お金」で買えることが証明された!?】



(中略)


このほど、大阪大学の筒井義郎教授が行った研究によると、「ある程度の幸せはお金で買える」ということが判明したのだという。また、収入が増えていくにつれて「ぼかぁ幸せだなぁ〜」という実感もUPすることもわかったんだそう。


確かに、白米にめざし一匹(とまあ、こんなことは最近では少なくなってきましたけど)で幸せかと言われると、ちょっと厳しいですよね?


しかし、その幸福度がお金に比例するのは、どうやら世帯所得1500万円付近までで、それ以上は所得が上がっても幸福度はあまりあがらない結果も・・・。


どうやら所得が1500万円を超えると、徐々に幸せに対する価値観が「お金」から別のものに移動してしまうんだとか。別のものとは一体ナンなんでしょうね。あたしはまだまだ、お金がガッポガッポ欲しいですけど。


そもそも、日本におけるお金持ちとは、どんな基準によるもので、どのような生活を送っているのでしょうかね? 『日本のお金持ち研究』(日本経済新聞社)によりますと、日本のお金持ちの多くは東京に住んでいて(やっぱり青山あたりですかね?)、一般の人より貯蓄率が高く(まあ当たり前といえば当たり前ですが・・・)、一部のお金持ちは、百億円以上の資産を持つ人もいるそうです。うーん、やっぱりうらやましい。


でも、幸せの定義というものは人によって様々だよね? おぼろげながら考えてみると、買いたいものが買えたり、やりたいことができたりと、何かをしたいと思ったときの可能性を選べるくらいのお金は確保できることが幸せなのかな、と思ったりします。前出の筒井教授によると「他人の生活基準が気にならない」人のほうが、幸せ! と思えるそうですよ。


はい、隣の芝生は青い。わかってます。でも、ついつい隣が気になって覗いてしまうんですよね。さしあたり、お金と幸福度が比例する年収1500万円に到達するまでは、ぶつくさ言わずに働いてみることにしましょうか(…以下、続く)。



(この記事はライブドア・ニュース:2月28日(火)より引用致しました。)



★キーワード:【幸せ お金持ち 所得 年収】★



(イントロからのつづき)



前社長の「金さえあれば、ナンでも買える!」発言のホリエモンや、
前取締役の「世の中、金だよなぁ〜…」発言の、宮内 氏らを解任したばっかの
新生ライブドアなのに…


このライブドア・ニュースじゃ、「ふたたび“拝金主義”復活か…?」なぁんて、読み手にゴカイを生じさせる記事?…かも知んないよな?(…タイトルだけ見ると、ね)


ある経済学者が言ってたけど、「オカネ」ってぇのは、あくまで「ツール(=道具)」であって、それ以上でも、それ以下でもないモン…とのこと。


たとえば、自転車の補助輪(ほじょりん=初心者向けに倒れない車輪のこと)と同んなじ。あれば生活が「安定する」道具、の意…なんだろう。


また、「オカネ」=おいしい御料理を作る、フライパンや鍋なんかのグッズ…って、いうタトエを使った、経済評論家もいたっけ。


要は、「補助輪」だけいくつもあっても仕方ないし、フライパンや鍋がたくさんあったって、それでナンの料理をどう作るのか…が重要なんだ…っていう結論なのだ。オワカリかな?


この記事…『年収1,500万円を超えると、徐々に幸せに対する価値観が「オカネ」から別のものに移ってしまう…』


…ってあるけど、じゃ、年収1,500万円以下なら、結局「オカネがすべて!」の人生だ!…ってことなのか?


ド〜考えても、
この日本の、9割以上(…たぶん95%程度?)は、年収1,500万円以下だろ?


日雇い診療で喰いつないでる、野良医者のオレも、当然!「年収1,500万円」には、はるかに程遠い収入だよ(…月の収入が、ヒトケタのときもありますんで)。


…ってぇか、大学病院や総合病院の勤務医で、年収1,500万円以上のドクターなんて、数えるほどしかいないのが実情なんだぜ、ご存知か?


イシャ=誰でもカネモチ…っていう、世間の幻想的な?イメージとは、かなりかけ離れた生活なんだよ実際は。




長くなりそうなんで、
この記事に対するコメント…次回に続きますんで。



【◆さわるべからず!】



ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2005年11月06日

★Top-236:「ジャンボ尾崎将司が破綻?…賞金王も、おカネの健康にはウトかったんだね…」



医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。おカネは、「タンマリ稼ぐ」より、その大金を「持ち続ける」方がずっとずっとムズカしいモンなんだってば…


【ジャンボ破たん 悲痛借金 生涯賞金断トツ26億円 契約メーカー“倒産”で状況一転】

男子プロゴルフの尾崎将司(58)=フリー=が、東京地裁に民事再生手続きを申し立て、個人として経済的に破たんしていたことが1日、分かった。生涯獲得賞金は26億7071万2759円(中略)。

東京地裁によると、10月12日付で民事再生手続きを申し立て、同18日付で手続きの開始決定が出された(中略)。

尾崎将個人が経済的に破たんしたのは事実だ。プロゴルファーとして華々しく活躍する一方で、90年代以降、経済的なトラブルに見舞われた。97年、新興のクラブメーカー、ワールドワン社と契約。推定10億円単位の破格の金額に加え、千葉の自宅に隣接する土地に練習場、研究所も完備するという条件も加えられた超大型契約だった。

しかし、同社が破たんしたことで状況は一転。かつては、プロゴルファー仲間が大挙、集結し、一緒に練習できるほどの広さ、設備を誇った“ジャンボ御殿”を売却。この夏に千葉市内に移転した(以下、続く)。


(この記事はlivedoorニュース:11月4日(金)より引用致しました。)


★キーワード:【ジャンボ尾崎 尾崎将司 自己破産 民事再生法】★


オレは、以前からこの「健康&良薬レポート」で、真の健康ってぇのは、「カラダの健康」・「ココロの健康」・「オカネの健康」…この3つが揃ってないと、完璧なるシアワセは手に入らない…って、何度も何度も何度も警鐘?してきた(ご存知ね?)。


今回のこのジャンボ尾崎の破綻、民事再生法…ってな話題、こないだ、コムロテツヤ氏の話をしたばっかなのに、相次ぐ高額所得者の、真の「オカネの健康」状態が、明るみに出つつある昨今ですなぁ…


ずいぶん前、かのバラエティ番組「電波少年」で、司会の松本明子が、ジャンボ尾崎の自宅のゴルフ(パット)コース?に取材に行ったとき、タバコを吸っていたジャンボ尾崎…松本明子の両手を灰皿代わりに使って、松本が「アッチイ〜ッ!」なんてなリアクションをとる…ってぇな、チットも笑えないお寒いギャグをカマしていた。

当時、コレT.Vで見てたオレ…ジャンボの横柄(おうへい)な行動に、かなりの不快感をおぼえたんだけど(←コイツは元から態度がデカイんだよ)...

時は巡り、このゴルフ界のスーパー・スターも、“ヒトとして、ある大事な部分?が欠けてたのが原因で、この「おサイフ?」「おカネ」の健康をコジらせちまったんだな…って、シミジミ感じちまった次第です。


本当の「お金持ち」ってのは、もっと「やさしい目」してて、心が「おだやか」で…ナニよりもっと「謙虚」で「質素」なモンだよ。


今後、この件がひと段落したところで、この態度もなにもかも(文字通り)デカイ=ジャンボ尾崎氏が、「謙虚」「質素」なんかになるとはとても思えんと感じるのはオレだけでしょうか、ね?

もっとも、「おカネ」の健康に関しては、オレ=江畑も、ヒト(他人)のことをトヤカク言える立場じゃナイんだけどさ…


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2005年09月24日

★Top-197:「小室哲哉がスカンピン?…芸能記者さん、ソッとしといてあげなさいって!(その2)…」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。またまた“芸能スキャンダル”ネタ、で、今度は小室サンですか…


【小室哲哉はこのまま消えてしまうのか】

ヒットメーカーとしてかつてはこの世の春を謳歌していた小室哲哉(46)の周辺が騒がしい。深刻な“金欠ぶり”が続々と露呈しているのだ。小室が実質経営しているイベント会社トライバルキックスがサッカーJ1の大分に対して総額7000万円のスポンサー料を滞納している事実が発覚(中略)。

他にも、前妻の歌手・吉田麻美(30)が「小室が毎月支払うことで合意しているマンションの賃貸料、娘の養育費の支払いが去年の8月から滞っている」と週刊誌に告白(中略)。

アジアでの事業展開をもくろんだ小室は98年に香港の会社と共同で音楽関連企業「ロジャム」を設立した。しかし、業績が伸び悩んで経営が悪化。香港で上場した株価も大暴落し、70億円もの損失を出した。

 本業の音楽もパッとしない。「小室のダンスミュージックはファンから完全に飽きられてしまった。新しいアルバムもどこかで聞いたことがあるような曲が多く、爆発的な売り上げは期待できそうもありません。」(…以下、続く)


(この記事はlivedoorニュース:9月20日(火)より引用致しました。)


★キーワード:【小室哲哉 芸能スキャンダル】★

今から数年前、オレがまだ野良医者じゃなく、西都(にしみやこ)医大病院の第五内科医局の命令?で、土地義県:卯津野宮の国立病院に配属されていたころ…

その病院のナースの連中と、けっこうよくカラオケなんかに行ったんだけど、そん時ゃ、みんなコゾって、アムロやらコムロやらglobeやら華原朋美やらを歌いまくっちゃってて、もうネコもシャクシも「小室サウンド最高!」…ってな感じだったよ。


で、この記事…ナンでも「小室哲哉がジリ貧」…?

芸能レポーターさんたちよ、アナタ方だって、小室哲哉の作曲した音楽や曲を聴いてたんじゃないの?そのサウンドで、癒(いや)されたことだって何度もあっただろ…?

世の中だって、
小室哲哉の曲にのって、イケイケだった時代もあったよなぁ?

なんで、マスコミの皆サマ、こういう芸能人を、「持ち上げるだけ持ち上げて」おいて、落ちぶれる?と、すぐ「台をはずす」ようなマネ、ヘーキでするんだろ…

(↑前回とほぼ同じ、詳細は「★Top-196:丸山弁護士がスキャンダル?」の稿をご参照あれ。)

まぁ、小室哲哉のほうも、数年前あるバラエティ番組で、自身のアメリカにある、庭に川が流れてる自宅?別荘?を紹介し、司会者の今田耕司に、「今、宝クジで3億円当たったらどうします?」って聞かれて、「いや、宝クジはもういらないですねぇ…」なんて、ビンボー人にとっちゃ、信じられないコトバを言い放ってたけど…いわゆる慢心、油断なのかな、今回のこのスキャンダル…?


オレが前から何回も何回も言ってるとおり、オカネの健康=ファイナンシャル・インテリジェンスが必要なんですよ、ヒトが健全に暮らしていくためにはね…オカネを大量に持つことじゃなくって、そのオカネを流通させ、結果的に持ち続けることのほうが、いかに重要で、困難か…ってこと。

あの天下の小室哲哉でさえも、ファイナンシャル・インテリジェンスに疎(うと)かった、ってことかな?

いや、まさに“諸行無常”ですなぁ…



ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2005年09月18日

★Top-193:「カジノ解禁?ますます破綻者が増加しても知らんぜよ…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。コレ、街が活性化すんのはいいけど、オカネがおサイフから出て行くだけでしょ…?

【ファンキー通信:いよいよカジノ合法化秒読み!?】

郵政民営化否決や衆院選で夏の政界は大盛り上がりだったが、その影で「キィ〜〜ッ」とハンカチを噛み締める思いをしていた人たちがいる。「郵政民営化法案がすんなり通っていれば、今ごろ地域活性化の最終兵器の法案が・・・!」。

 成功すれば30兆円規模の産業ともなり得る、「カジノ」誘致に携わる人たちである。最近カジノ関連のニュースを見かけなかったが、すでに自民党内のカジノ委員会では法案が出来上がっていて、あとは提出を待つだけなのだという。知らぬ間に、こんなに進んでいたとは!(中略)

「これからは地方が自主財源を蓄えていくべき時代になります。そのためには既存の産業にダメージを与えずに、財源を確保することが求められる。カジノはそれができる新産業なんです。しかも外貨の獲得もできて、雇用も活発になる。こんなに活気的なものが、今まで日本になかったのが不思議なくらいですよ。先進国でカジノが合法化されていないのは、日本だけですからね。」(…以下、続く)


(この記事はlivedoorニュース:9月18日(日)">livedoorニュース:9月18日(日)より引用致しました。)


★キーワード:【カジノ ギャンブル 博打】★

オレは、このコラムで
何回も何回も何回も何回も何回も書いたけど、

ギャンブル、博打の類(タグイ)が「大大大嫌い」だ。

宝クジすらも買わん。
あんなモン買うヤツの気がどうしても判らん。

ドリーム・ジャンボ?なんやらで、「○億円が当たる」確率…ってぇのは、「自分が起業して、○億円稼ぐ」確率よりも…実は、はるかに、ケタ違いに“低い”って事実、皆サン知っとるケ?


まぁ、
ソンな話はさておき…今回のこの「カジノ解禁」…

数年前、オレの知人のグループが、韓国旅行に行ったとき、ソウル?のカジノで、たっぷり遊べた、だけど、オカネはゴッソリもっていかれた…って話してたけど…

「ギャンブル」「博打」ってモンは、言うなれば“麻薬”といっしょ。

依存性が出たら、もう底ナシなんだよ。なんせ家の一軒、二件がすっとぶほどの、膨大なオカネが、自分から逃げていき…逆に街金からは追っかけられるハメになるんだよな。

まぁ、何県のドコに、この「カジノ」が出来るか知らんけど(ウワサによると、“熱海”界隈?)オレにはナンの関係も興味もない場所だぁね。

ソンなもんにオカネと時間を浪費すんなら、
六星占術の「細木サン」や、スピリチュアルの「江原サン」が言ってるように、ボランティアでどっかに寄付したり、先祖の墓参り行って、「墓石」掃除してたほうが、数倍!数十倍!!数百倍!!!有意義ですからっ!



ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★Top-192:「逆立ちしても鼻血も出ないのに、5千円払えって…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。コレがサラ金のウラのカオでしょ…?


【アイフルは「5千円」返せ/神戸の生活保護受給女性が提訴】

生活保護の受給中で、弁護士と債務整理の相談中だと伝えたにもかかわらず、「アイフル」の社員から違法に五千円を取り立てられたとして、神戸市の生活保護受給者の女性(70)が十六日、同社に対して、取り立て額と同額の五千円の損害賠償を求める訴訟を神戸簡裁に起こしました(中略)。

アイフル社員が自宅を訪問し、「きょうは支払ってほしい」などと返済を迫りました。女性は「生活保護をもらっており、お金がない」「弁護士にお願いしている」と話しましたが、激しい口調で執拗(しつよう)に返済を迫られたため恐怖を感じ、五千円を社員に渡したといいます。
 
女性側は貸金業規制法に違反する取り立てだとし、慰謝料請求は別にして、不法行為による損害への賠償を五千円だけ求めました。代理人の河野聡弁護士は「生活保護を受けている人に五千円がどれほど大きなお金か、アイフルに知らしめるために請求額を五千円とした」と話しています(…以下、続く)。


(この記事はlivedoorニュース:9月18日(日)より引用致しました。)


★キーワード:【サラ金 クレジット 高利貸し 借金 アイフル】★

前回、このサラ金CMの話題だったけど、今度は、生活保護者に強引な取立てですか…

借りるときはエビス顔、
取り立てるときは、地獄のソコまで追いかける…

このあたりの詳細は、オレの尊敬する、
故:青木雄二氏のエッセイなんかをお読みいただくとして…


こっから先は、借りる方のおハナシを…

前回の続きになるけど…多重債務者ってのは、自分がいくら借りてるのか、自分が一番わからないモンなんだって。

ウソだと思うんなら、自分の債務、計算してみ。ホ〜ラ、いくらかわかんないだろ?ソンな状態で、ドンドン借りたら、周囲の人間、巻き込んで、やがて本物の“地獄”に堕ちるよ。

オレを利用し、オレを裏切り、オレを無一文状態に陥(おとしい)れた例の人物が、最後はホントに奈落のソコに堕ちたように、ね。





ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★Top-191:「サラ金?クレジット? 要するに“高利貸し”&“借金”だろ…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。T.Vっ子?のこのオレが「最もキライなCM」が実はコレだ…


【アイフル 武富士/サラ金CM中止を/新聞・民放各社に要請/責任果たさねば被害拡大/対策全国会議】

報道機関が責任を果たさなければサラ金被害は拡大していく――。大手サラ金の高金利や過剰融資、違法取り立ての問題などを追及している「アイフル被害対策全国会議」と「武富士被害対策全国会議」は十六日、在京の大手新聞社六社とテレビ局五社に対して、アイフルと武富士による被害を訴え、両社の広告掲載・CM放映の中止を申し入れました。アイフルについて報道機関に広告中止を要請するのは初めて(中略)。

同対策会議は、CMなどは「チワワや人気タレントを起用し、ソフトで親しみやすいイメージを植え付けるもので、そのもくろみは成功している」と指摘。「報道機関が責任を果たさない限り、アイフルによる被害は日々拡大する」として、広告掲載やCM放映を中止し、アイフル被害という「深刻な社会問題」を大きく報道するように求めました(中略)。「やわらかなイメージにだまされ、信用して借りてしまうことで、こんなに被害が出ていることをマスコミには知ってもらいたい」と話しました。(…以下、続く)。


(この記事はlivedoorニュース:9月18日(日)より引用致しました。)


★キーワード:【サラ金 クレジット 高利貸し 借金 アイフル 武富士】★


お金がピ〜ンチ!…その時、画面から、アイドルがヤサシく微笑んで、かわいいチワワが笑って、ほのぼの、ステキなクレジットを…ご利用はお早めに…よぉ〜し、借りちゃおう!…

って、安易に考える若モン、この全国に何人いるんだろか?(若いヒトに限らんか…主婦なんかも最近多い、らしいな。)


オレは、ある時期から、
この手のCMが大っっっキライになった。

キッカケは、ご存知、
オレがホームレス・ドクターにまで落ちぶれた、例の大大大事件だ。

オレが信頼を寄せていた人物に、トコトン裏切られ、地位も名誉も財産も仕事も自宅も信頼もナニもかも奪われた、あの一件からだ。


実はその人物に懇願されて、オレ自身もその「●富士」(だったかな?)のクレジットの本部?に連れて行かれたこともある。モチロン、その人物の“保証人”…ってぇコトでね。

最初、世間知らずなオレは、ソコがどこか理解もせず、ナンもわからず、署名にサインし、ハンコを押し、オマケに証拠のカオ写真も撮られて…その人物はカネを借りることが出来た。


もう思い出したくもない過去なんで、
この「●富士」バナシは、このあたりでヤメるけど…

結局、みんな騙されてるんだって!
クレジット、ローン、カード…なんてカタカナ使ってても、 所詮は「高利貸し」「借金」…ってことだろ?

気軽に借りられる雰囲気やシステムは、みんな貸す方=サラ金のトラップなんだ、って、ナンで気がつかないんかな?


あと、
借金がクセになってる、ビョーキの方々へ…

高い金利っていうリスクのつくモン背負ったって、早晩、払えなくなるんだから、もういい加減にアキラメなさい、多重債務者さんたち。

そして専門家(弁護士サンら)に相談して、債務の整理をしてもらいなさい。カラダの疾病と同んなじ、早期発見、早期治療が一番ですよ!

アナタのマワリの人たちを、
地獄に巻き込む前に、全部カミング・アウトしてしまいなさいって。

ソレがアナタに残された、せめてもの“誠意”ってやつですから…


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2005年06月27日

★Top-154:「オカネの健康にウトかったオレは、1文無シになったとさ…」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。給料もらってるサラリーマンなんか、マダマダ恵まれてるよな…オレなんて今、「ドサ周り」「日雇い」状態なんだぜ…!


【サラリーマンはなぜ金が貯まらないのか】

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」(光文社)という本が売れている。中身は会計学の基本を「さおだけ屋」や「郊外の高級レストラン」などを例に挙げて、解説したものなのだが、「タイトルの妙」と「わかりやすさ」で50万部を超える大ヒットになっている。
 
そこで著者の山田真哉氏に素朴な疑問――。

「サラリーマンはなぜ、カネが貯まらないのか?」を聞いてみた。
「あなたはいま、財布にいくら入っていますか? 100円単位でわかりますか? きのうはいくら持っていましたか? こう聞くとわからないサラリーマンの方が多いんです。」

「お金を貯めるには収入を増やすか、出費を減らすしかない。そのためにはまず、自分が持っているお金を正確に把握するのが大前提なのに、それができていないんです」(…以下、続く)。


(この記事はlivedoorニュース:6月27日(月)より引用致しました。)


★キーワード:【サラリーマン 貯金 オカネの健康 不労所得】★

「お金を貯める方法」ってぇのは、実はこの著者、山田真哉氏の言う、「収入を増やす」「出費を減らす」以外に、もうひとつある。

賢明なオレの読者諸氏なら、
もうオワカリね…そう、「資産運用する」...正解です。

この3つがそろって、初めて、「オカネの健康」がケンゼンに保てるのだよ。コレをしないで、「収入を増やす」「出費を減らす」...だけじゃ、やがて将来、アテになんない年金とやらをココロマチにする生活が待っていることになるんだな。


以下、オレのレポート(お金の健康)より抜粋…ヨロシければ参考にして下さいませ。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆オレは、数年前、あるアクシデントで、「カラダ」の健康「ココロ」の健康」を失ったと同時に、オレが最も!信頼 & 尊敬し、すべてを任せていた、ある“人物”に、謀(だば)かれ、騙(だま)され、背(そむ)かれて…

◆その結果、「オカネ(=おサイフ?)」の健康をも!害しちまって、トドのツマリは、「ホーム“レス”状態!」にまで堕(お)ちちゃった…って、以前、自己紹介で書いてたよね?(このハナシ、飽きました?)

◆その直後から、オレは必死になって、「オカネ」の健康について、シャニムに勉強を始めた。まるで何かにとりつかれた様にね...そんな努力をすればするほど、オレは「オカネ」に対して、今までいかに無知だったか!をイヤという程、思い知らされたんだ。

◆ソコソコ、日雇いの仕事(=地方のドサマワリ健診etc.)を手に入れることが出来たとき、その収入の何割かを、「オカネ」の勉強の“受講料”として支払っていた。将来の自分に投資をする!って目的でね…生活は、ナミダが出るほど苦しかったけど(その当時、パンのミミは20円でした)。

(中略)

◆日本人は、誰でも将来、定年を迎え、「勤労所得(きんろうしょとく:自分が働いて給料をもらうこと)」が0=ゼロになったとき、全員が、「投資家」になって(…ってか、絶対に、ならざるを得ない)、残りの人生を送らなきゃならなくなる…そのための、生き残る?術(すべ)の1つとして、この「資産運用」ってモノをせにゃならんのだ。

◆言い換えれば、アテになんない「年金」なんかよりもずっとずっと確実に、自分の将来のための「不労所得 (ふろうしょとく=自分が働かなくても、収入が入ってくるモノ)」を、なるべく低いリスクで、将来、手に入れる準備をしておきましょう…って事なんだ。

◆もちろん、オレの廻りには、もうすでに、その「不労所得」(=自らの年金システム?)を、十分手に入れていて、現在、悠々自適な生活を送っているヒトもいる。これを専門用語で「経済的自由を手に入れている」…と表現する(オレ=江畑のスカンピン、ゲルピン状態とはエライ違いだ…)。

◆将来、いま以上に、「貧富の差」が激しくなる、この世の中で生き残るために、「オカネの健康」を健全に保つノウハウを、早いトコ学んだほうが身のためなのだよ…

◆「“おイシャさま”なら、お給料が多いから、お金持ちだから、資産運用=投資なんかしなくても、ゆうゆうジテキでしょ?江畑せんせい?」…なんてな事を思ってるヒトに…じゃ逆に聞きたいんだけどさ、ナンで、どうしてオレ(=江畑)は、一文無シになっちまったのかな?

◆答えは1つ。「オカネの健康」にウトかったから、なんだってば!(あと、ヒトを信用しすぎちまった…ってぇのもあったけどさ…)

◆オレは一回、ドン底を味わってるから、今の仕事(株アイナレッジでの医療情報配信など)...なんかが順調に収益を上げ、ある程度、貯蓄が出来てる状態になったら、すぐに何かに「投資」するつもりでいる…ってか、「投資」せにゃならなくなるんだよな、たぶん。そん時は、プロの腕を借りて、なるべく低いリスクでね。

◆よく「投資での失敗を恐れるな!」「失敗=成功のカテ、カネで買えない貴重な経験」…なんてな無責任な発言をするヒトがいるけどさ…ンな、失敗するってわかってて、ムチャな(=ナニワ風に言いかえると、“ヤンチャな”…?)投資をしなさい!…ってぇな風に聞こえるのはオレだけでしょうかね?…ンな、失敗なんかしない方がいいに決まってるじゃねぇか!

◆投資は、決してバクチなんかじゃないんだよ!(注:オレ=江畑は、ギャンブル、バクチの類(タグイ)が大っっっ嫌い。宝クジすらも買わん。) ま、ナンにせよ、オレはもう失敗なんかコリゴリだし、だから来るべき日のために、今現在、「投資」の勉強を必死にやってる最中ですんで(以下、続く)。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2005年05月28日

★Top-137:「ホームレスから億万長者へのサクセス・ストーリー?…まるでオレみたいだなぁ…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。このアメリカン・ドリーム、いい意味で、ヒトゴトとは思えんよなぁ…?

【不屈の男、米で映画化:服役→子連れホームレス→証券で成功、億万長者】

駐車違反で服役し、子連れのホームレスとして地下鉄の駅などで暮らした黒人男性が、その後、証券業界で成功を収め、億万長者となった波瀾(はらん)万丈の人生ドラマが全米で話題を呼んでいる。(中略)

この人物はクリス・ガートナーさん(49)。ルイジアナ州で生まれ、教師をしていた母親に女手ひとつで育てられた。(中略)念願だった高給の株式ブローカーへの転職話が舞い込んできたが、経験も人脈もないため結局採用されず失職。妻子にも見捨てられた。そのうえ、路上駐車違反の罰金(千二百ドル=約十二万八千円)未納で刑務所へ。(中略)

 十日間服役し、出所後、薄給の株式ブローカーの見習いとして再出発するが、別れた妻が彼に幼い息子を押し付けた。宿泊先の下宿は子供との同居は認めておらず、彼はホームレスに。三十歳の時だった。しかし、昼間は見習いとして猛烈に働き、夜は息子と一緒に地下鉄や空港のトイレで寝泊まりした。(中略) 

八七年十月にはシカゴで自分の会社、ガートナー・アンド・リッチ証券会社を設立。同社は後にニューヨークとサンフランシスコにもオフィスを構え、これまでに累計約五十億ドル(約五千三百億円)の商いを行った。(中略)「私はホームレスだったが、ホープレス(希望がない)ではなかった」とガートナーさんは語っている(…以下、続く)。


(この記事はlivedoorニュース:5月26日(木)より引用致しました。)

★キーワード:【ホームレス 億万長者 サクセスストーリー】★

なんかこの記事…
モロ、オレ(=江畑)そのものじゃねェのかな?

オレは数年前、心から信頼、尊敬していた人物に、騙(だまさ)され、謀(たばか)れ、背(そむ)かれて...地位も名誉も仕事も財産も健康も住む家も、全てを一瞬にして無くし、ホームレス状態になった(野良医者=ホームレス・ドクターの誕生!)…ってぇ事実は、皆サマもうご存知ですね?

オレは、自身の運命を大いに呪い、嘆き...同時に何故、こんな人生最悪の事態に陥(おちい)ったのか、考えて考えて考え抜いた。で、出た結論は、「オカネの健康=ファイナンシャル・インテリジェンス」に疎(うと)かった、乏しかったから…ってな理由にたどり着いた。

(オレに限らず、医者って職業のヤツラは、実はこの手のタイプ...オカネに鈍感な連中が多いのだよ)。

で...そっからのオレは、自身の健康を取り戻すためのリハビリを行なうのと平行して、それこそ必死になって、「オカネの健康=ファイナンシャル・インテリジェンス」について、シャニムに、ガムシャラに勉強を始めた。

ソコソコ、日雇いの仕事を手に入れることが出来たとき、その収入の何割かを、いろんなファイナンス講座の受講料として払ってた...将来の自分に投資するって目的でね(泣くほど苦しかったけど)。

…ってぇトコまでが、
以前から何度も書いてる“事実”なんだけど、

この記事で、オレの場合と決定的に違うのは、オレ=江畑は、まだ“億万長者”にゃなってない…ってトコロかな?

オレの今の状況、ってぇのは、
サクセス・ストーリーの現在進行形?なんだよな(!)。

少なくとも、当の本人は、そう思い込んでないとヤッテラレナイ心理状態になっちまうんだよ。ホームレス=住む場所も何もかも失った過去がドス黒いトラウマになって、いまだにユメで魘(うな)されるんだから。

ま、このブログメールマガジンが、その“億万長者”へのサクセス・ストーリーの記録になるように、日々、努力しますんで。

オレの「ホームレス話」の
イントロ部分は、以下のメルマガ=レポートご参照ください。

◆【カルテNo.0】:「ホーム“レス”ドクター」颯爽登場!


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2005年05月22日

★Top-132:「アレ?この買収&合併ゲーム、ドッカで聞いたことあるぞ…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。オレ、コレにそっくりなボードゲーム、2年ほど前に夢中になっていたなぁ…

【タカラ:最近の風潮?買収・合併の企業拡大ゲーム発売】

玩具大手のタカラは20日、「人生ゲームM&A」を発売すると発表した。経営者として買収や合併(M&A)を繰り返し、企業を拡大させるゲームで、敵対的買収をめぐる最近のトレンドを盛り込んだ。タカラ自身も先日、トミーとの合併を決めたばかりで、このゲームをヒットさせ、ピンチをチャンスに変える考えだ。
 
ルーレットで止まった場所によって、敵対的買収を仕掛けたり、新株予約権を株主に与えて買収する企業の影響力を弱める「ポイズンピル」(毒薬条項)や、友好企業に株を取得してもらう「ホワイトナイト」(白馬の騎士)などの対抗策を打ちながらゲームを進める。発売時期や価格は未定だが、来年3月1日のトミーとの合併までには発売する(…以下、続く)。


(この記事はlivedoorニュース:5月21日(土)より引用致しました。)

★キーワード:【人生ゲーム M&A ボードゲーム】★

今度合併する2大玩具メーカーのタカラもトミーも、幼いころから現在まで(?)オレ自身、大変御世話になっている玩具メーカーだ。

今回のこの「人生ゲーム特別版:M&A」(?)、日本中を席巻した例の「ライブドア→フジサンケイ乗っ取り」紛争の波に乗って発売?らしいね。新手の便乗商法かな?

さて、この記事を読んだとき、
オレは数年前の人生“最大の危機”ん時を思い出した。

オレはその当時、心から信頼、尊敬していた人物に、騙(だまさ)され、謀(たばか)れ、背(そむ)かれて...地位も名誉も仕事も財産も健康も住む家も、全てを一瞬にして無くし、ホームレス状態になった(野良医者=ホームレス・ドクターの誕生!)…ってぇ事実は、皆サマもうご存知ですね?

オレは、自身の運命を大いに呪い、嘆き...同時に何故、こんな人生最悪の事態に陥(おちい)ったのか、考えて考えて考え抜いた。

で、出た結論は、
「オカネの健康=ファイナンシャル・インテリジェンス」に疎(うと)かった、乏しかったから…ってな理由にたどり着いた(オレに限らず、医者って職業のヤツラは、実はこの手のタイプ...オカネに鈍感な連中が多いのだよ)。

さぁ...そっからのオレは、自身の健康を取り戻すためのリハビリを行なうのと平行して、それこそ必死になって、
オカネの健康=ファイナンシャル・インテリジェンス」について、
シャニムに、ガムシャラに勉強を始めた。

ソコソコ、日雇いの仕事を手に入れることが出来たとき、その収入の何割かを、いろんなファイナンス講座の受講料として払ってた...将来の自分に投資するって目的でね(泣くほど苦しかったけど)。

で、同時にインターネットで偶然見つけたのが、あるサイトで出席者を募集していた、ボード&カードタイプの擬似体験マネーゲーム...
『リッチライフ・ゲーム』(商品名)だった。

ナンでも、イギリスの大富豪で投資家、日系3世の
【レナード・カワサキ】氏…数年前、日本でもベストセラーになった、
【幸せおじさん、不幸なオジサン】...ってタイトルの、いわゆる“お金持ち本”のハシリを出版した人物=著者が考案した、この
『リッチライフ・ゲーム』...

「オカネの健康=ファイナンシャル・インテリジェンス」を、ゲーム感覚で養おう、っていう、タカラの「人生ゲーム」を、もっと複雑にし、
財務諸表(ざいむしょひょう)=収入、支出、資産、負債などの、オカネの流れ...を、カードに書き込みながら、自分を経済的自由(…要するに金持ち)っていう状態になるまで続け、資産を多くつくって、リッチマンになり、めでたくゴールする…っていう、画期的(?)なモンだった。

ホームレス状態に陥ったショックで、眼もウツロで、ヨロヨロ、フラフラで、ボロボロのナリのオレは、その会合=『リッチライフ・ゲーム』会に、
ナケナシの会費¥2,000を払い出席した…

え?...結果......?

当然、「オカネの健康=ファイナンシャル・インテリジェンス」=0のオレは、ダントツのビリだったよ。

つい最近まで、医学博士号を持った医者、大先生!...って、持ち上げられてたこのオレが、このゲームん中では、20代の若モンや、まだ未成年の学生=ガキ?達なんかに、コテンパンにやられまくったんだ。

彼等は、早々と「お金持ち」状態になり、「お金持ち」だけの世界で、ユウユウとマネーゲームをやりながら暮らしていて......かたやオレは、ビンボーのまんま、来月の借金の支払いに躍起になってたんだ(=あくまでゲーム上のお話ね。)

......で、オレは意地になって、この『リッチライフ・ゲーム』会に数ヶ月間通いつめ...やがて、このゲームのセミプロ級?の腕にまでになり、日本で一番上手(うま)い、という称号を与えられ...

ナンと!T.V出演(某:国営放送)もこなし、ついには来日した作者
【レナード・カワサキ】氏本人との面会を果たし、氏に大いに認められて有頂天になり...

しかし!......

この『リッチライフ・ゲーム』を輸入、
販売している主催者側の思惑(おもわく)は、全く別のトコロにあって...

オレは知らぬうちに、連中のプロパガンダ?として、いいように利用されまくり、そして再度、大いに裏切られ、捨てられ、人生すべての希望を失っちまう、悲惨な末路を辿(たど)って.........

っていう、「コトの顛末」...ってか、「壮大なドラマ」?は、かっなり!長〜くなるんで、今回はこのへんで。待て次号!

(いつか続き書きますんで、気長に待って下さいませ?)

オレのホームレス話のイントロ部分は、以下のメルマガ=レポートご参照ください。

◆【カルテNo.0】:「ホーム“レス”ドクター」颯爽登場!

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2005年05月03日

★Top-99:「つくなハンコ、なるな保証人…!」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。
皆さん、クレグレもご注意を!オレみたいに「ホームレス状態」になりたくなきゃ…ね!

【銀行や役所ではなぜ「シャチハタ」はダメ!?】

銀行の口座開設や役所の届け出の際、印鑑は「シヤチハタ不可」と書かれていることが多い。なぜ?まずはみずほ銀行広報部の話。「印字面がゴムなので、何度も押すことで摩耗したり潰れて、印影が崩れる恐れがあります。インク式なので濃淡が一定じゃないという要素もあり、シヤチハタなどゴム印は受け付けておりません」(…以下、続く)。


(この記事はlivedoorニュース: 5月3日(火)より引用致しました。)

★キーワード:【印鑑 保証人】★

シャチハタ=三文判で、実印じゃない、ってぇのは知ってたけど、こういう理由だったんか。

オレ、ハンコに関しては、イヤな思い出がある。
人生最悪の経験、スンゲぇトラブルに巻き込まれて、それからはまさに故:青木雄二氏の「ナニワ金融道」の世界そのもの…だったよ。

そのスッタモンダから学んだ事は、
つまり、「つくなハンコ、なるな保証人…!」ってぇこと。

コレ、詳しく言うと、本が2〜3冊くらいになっちゃうほどの壮大なノンフィクション・ドラマになるんで、そのおハナシは、いずれオレのメルマガ=レポートで、書いていく予定ですんでご期待?下さいな。

オレのホームレス話のイントロ部分は、以下のメルマガ=レポートご参照ください。

◆【カルテNo.0】:「ホーム“レス”ドクター」颯爽登場!

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

«Prev || 1 · 2 · Next»

メルマガ無料登録


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』に関する無料メールマガジンに今すぐ登録!

エバっちゃん紹介


ホームレスドクター
江畑李下(えばたりか)

詳しくはこちらから。


ブログ記事の検索




前月 2019年09月 翌月


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

記事のカテゴリ


最新の記事


過去の記事


リンク

毒舌医学レポート

カルテNo.1『高血圧』:
"血圧"が上がると体調よくない?って、ホントかよ?

カルテNo.2『貧血』:
"貧血"で倒れました?って、ホントに"貧血"かい?

カルテNo.3『薬の副作用』:
"クスリ"の副作用がコワイって?

カルテNo.4『風邪薬』:
"風邪"には効かない"カゼ薬"?

カルテNo.5『体脂肪率』:
「体重増加」=「太った」なんて大ウソだ?

カルテNo.6『研修医』:
恐怖の"ジューン・ブラッド"

カルテNo.7『糖尿病』:
ガンよりコワいぜ?"糖尿病"

カルテNo.8『煙草』:
"サビない"ひとはケムリが嫌い

カルテNo.9『医者の喫煙』:
車内の"携帯"、院内の"喫煙"

カルテNo.10『心房細動』:
「心」の「房」が「細」かく「動」く

カルテNo.11『動悸』:
ドキドキ"ど〜き"の正体とは?

カルテNo.12『肝臓』:
たくましすぎるのが欠点なんです

カルテNo.13『便検査』:
"ウンコ"って、健康の「モノサシ」なんです

カルテNo.14『尿検査』:
"オシッコ"だって健康の「モノサシ」です

カルテNo.15『馬鹿医者』:
「ガンコな寿司屋」と「怒鳴るお医者サマ」は、お好き?

カルテNo.16『顎関節症』:
痛くて、開かず、鳴ったら、ガクガク

カルテNo.17『口呼吸』:
開いた"口"がふさがらない

カルテNo.18『プラセボ(偽薬)』:
意外とよくきく魔法のクスリ?

カルテNo.19『右脚ブロック』:
心臓の「右アシ」折れてるんです?

カルテNo.20『負荷心電図』:
負ける"荷物"の心電図

カルテNo.21『胃潰瘍 & ピロリ菌』:
カワイコぶった怖〜いヤツ

カルテNo.22『馬鹿医者その2』:
妖怪Dr."ぬらりひょん"の咆哮

カルテNo.23『胃内視鏡(胃カメラ)』:
カメラのクダがクダらない

カルテNo.24『水虫』:
出たゾ、カユいゾ、イッヒッヒ!

カルテNo.25『胆石 & 腹腔鏡』:
イシを取らわばアナ4つ

カルテNo.26『腎・尿路結石』:
ハライタの"銅メダル"

カルテNo.27『おじさん & 加齢臭』:
「オジサン」の境界線

カルテNo.28『おばさん & 体脂肪率その2』:
「オバサン」の診断基準!?

カルテNo.29『痛風 & 高尿酸血症』:
"風"がフイても"痛い"んです

カルテNo.30『高脂血症(コレステロール)』:
"アブラ"のイイやつ、悪いヤツ

カルテNo.31『アトピー性皮膚炎』:
カユイのカユイのトンでいけ

カルテNo.32『冷え性』:
ツメタい足先 アツい靴下

カルテNo.33『花粉症』:
飛びまくりスギて、泣きヌレる季節

カルテNo.34『救命救急』:
シキュウ、キンキュウ、ソウキュウに

カルテNo.35『アンチエイジング』:
「酸素クズレ」対「老化シラズ」

カルテNo.36『白血球&血液内科』:
血のプロの、血のニジむ努力って?

カルテNo.37『中性脂肪&ダイエット』:
ブヨブヨ出っパラの"正体"って?

カルテNo.38『筋緊張性頭痛&肩こり』:
アタマがいたいのが頭痛のタネです?

カルテNo.39『低血圧』:
おヒル過ぎなきゃ起きらんないよ…?