「え?病院キライ?オレも大キライだぜ!」
ご存知、野良医者“エバっちゃん”が、シキイの高い医学界を、力いっぱい引きずりオロし、
細かくクダいてさしあげる、一番ワカりやすい「ツレヅレ雑談」“That's done!”
«Prev || 1 · 2 · 3 · Next»

2006年06月26日

★Top-287:「おばあちゃん子の悲劇…奈良母子3人放火殺人事件の真実って…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。

まさに「悪循環」でしょ? こういう悲劇?の繰り返し?…ってぇヤツは(後半へつづく…)。


【◆絶対さわるな!】




★【「おばあちゃん子」の悲劇…奈良母子3人放火殺人事件】




奈良県田原本町の自宅に火をつけ、母と弟妹3人を殺害したとして、放火と殺人容疑で私立高1年の長男(16)が逮捕された事件...


父親の医師(47)も中学生のころから、実母である長男の祖母に、厳しく受験勉強を指導されていたことが25日、近所の住民の証言でわかった。


父親は長男の医学部進学に強い期待を抱き、スパルタ教育をしていたことが分かっているが、熱血指導の裏側には自らが過去に受けた厳しい教育がトラウマとなっていた可能性もある。


長男の家系は総合病院の部長である父親だけでなく、今回亡くなった母親(享年38歳)も医師。医者の娘だった祖母は薬剤師。父親の姉も薬剤師の資格を持ち、勤務医と結婚しており、まさに絵にかいたようなエリート家系。


その家庭環境で父親も実母である長男の祖母から、勉強に関し厳しく教育されていたという。


近所の住民は、父親について「小学校までは近くで同級生と遊んでいるのを見かけたが、個人塾に通い始めた中学からは遊んでる様子もなかった。お母さん(祖母)は頭が良くしっかり者で、(父親に対し)医者へのレールを敷いていたと思う」と明かす。


別の住民は「親せきは医者ばっかり。おばあさんが厳格で、お父さんも自分でなりたかったというより、将来のレールを敷かれて医者になった」と回想。


父親の長男への期待を想像して「医者になれ、というプレッシャーは相当あっただろう」と話した。


元同僚によると、父親は「患者や部下に優しい、思いやりのある先生」だという。だが、家庭では「(父親は)長男にいつも勉強、勉強と言っていた」(近所の女性)という。


深夜まで付きっきりで教えることもあった。母親についても、中学時代の担任の目には「1、2年のころは、母親は父親の意向に添って長男と接していたようで、ぎくしゃくしていた」と映っていた。


その後、母親は次第に父親と長男の仲立ちをするようになったが、長男は「すぐ告げ口する母も恨んでいた」と供述しているという。


長男は、小学校以来の友人に「漫画やゲームも好きだったけど、父にやめさせられた」「成績が下がるとすぐ殴る」と打ち明けていた。


「おばあちゃん子」だったという長男が凶行に至った原因のひとつが、祖母から父親へ、父親から長男へ受け継がれたスパルタ教育だったとすれば、皮肉な結果としかいいようがない(…以下、続く)。

(この記事はYahoo!ニュースより引用致しました。)






(イントロからのつづき)



医者になれ、医者になれ…って、過度な期待をされるだけでなく、父親から相当な暴力を、しょっちゅう受けていた、みたいだね、この長男くん。


しかも、「I.C.U」=集中治療室って呼んでいた勉強部屋で、ボッコボコに…って、コレ、集中治療室じゃなくって、集中DV部屋じゃネェかよ?

(DV=ドメスティック・バイオレンス=家庭内暴力の略)




オレ自身は、高校時代、公立のボンクラ校ん中で、下から数えたほうが早いくらいの劣等性だったんで、卒業後、“人一倍”の浪人生活…ってぇな「地獄」が待っていたんだけど…



親からの暴力は、
オレの場合、当時はまったく無かったなぁ…




あ、言葉の暴力は、しょっちゅうあったよ、口ウルサイ母親から。



「ダラシない、みっともない」とか、「寝てばっかりいないで、勉強しろ」…


あげくの果ては、

「オマエは医学部は無理だから、他の進路を考えろ…」なぁんて、ね。




当時は、「クヌ野郎!…ヒトの気も知らんで…」ってぇな感じで、けっこうイライラっとしたこともあったけど…コッチは、衣食住をお世話になってる身なんで、文句を言えなかったな。


まぁ、何回か、キレそうになったことはあったけど…(アレ?あれが世にいう、「殺意」…ってぇヤツ、だったんかいな?!)



ところで、医者、って、そんなにエラいのかな?そんなになるの、ムズカシいんかな…?

オレみたいな、ポコペンでも、なれちゃったくらいなんだから、我慢づよくて、意地をはりつづける根性?執念?みたいなモンがありゃ、誰だって、医学部なんかには入れると思いますよ…偏差値の高い大学を選ばなければ、っていう条件つき、だけどね。



さて…この殺意を抱かれちゃった医師の「おとうさん」に、ホームレス・ドクター=野良医者のオレから、かの「島田紳介」氏の含蓄のある言葉を送らせていただきます…





子どもには“期待”するな  だけど  目いっぱい“愛せ”







【◆さわるべからず!】



ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2006年05月07日

★Top-274:「恐ろしい刑務所…って、そもそも人格って一体ナンですかぃ…?」


医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。
この記事、人格を崩壊させる刑を、この罪人に執行したように書いてあるな…



(後半へつづく…)。


【◆絶対さわるな!】



★【人格が崩壊していく恐るべき刑務所 ムサウイ被告が服役】


2001年の9・11米同時多発テロに関連し、共謀罪などで終身刑を宣告されたモロッコ系フランス人、ザカリアス・ムサウイ被告(37)が、コロラド州フローレンスにある最も警備の厳しい連邦刑務所で服役することになった。


超最大級(スーパー・マックス)の警備を誇る、この刑務所は、かつてサンフランシスコ湾の小島に作られ、重罪人が入っていた悪名高きアルカトラズ連邦刑務所になぞらえ、“ロッキー山脈のアルカトラズ”と呼ばれている(中略)。


現在、米国で「最悪中の最悪」といわれる刑務所で、囚人は外部からほぼ完全に遮断され、人格が崩壊していくのを助長するようなシステムになっているという。


米メディアによると、国際テロ組織アルカイダの一員であるムサウイ被告は、9・11テロ決行日の3週間前に米ミネソタ州で、テロと関係のない入管法違反容疑で逮捕され、強制送還される予定だった。同州では、飛行学校で操縦技術を学んでいた。


このため、ムサウイ被告は、アルカイダ・メンバーの19人が4機の旅客機をハイジャックした9・11テロの実行行為には、参加していない。


しかし、検察当局は、逮捕された時点で米連邦捜査局(FBI)に対し、テロ計画を自白していれば、9・11テロが未然に防げたとして20番目のハイジャック犯として起訴、死刑評決を期待した。


これに反し、米バージニア州アレクサンドリアの連邦地裁陪審は今月3日、ムサウイ被告に対し終身刑とする評決を下し、翌4日にブリンクマ判事が、正式に終身刑をムサウイ被告に宣告した。


コロラド州の連邦刑務所は、最重罪人が400人収容されている。警備が厳重なため、これまでに脱走者は一人も出ていない。


囚人は7平方メートルの小さな小部屋で終日過ごし、部屋から出るときは、足かせのほか、手錠をかけられる。


囚人同士が触れ合う機会もなく、ほぼ完全な隔離状態に置かれる。会話を交わすのは看守ぐらいで、ある関係者によると、この刑務所では、囚人が次第に無能力者になっていくと可能性があるという。実際「多くの者が、朽ちていくのを見た」と話している。


ここには、1993年のニューヨークの世界貿易センター・ビル爆破事件のラジム・ユセフや、“ユナボマー”と呼ばれた連続爆弾犯セオドア・カジンスキー、靴に爆弾を隠し、飛行機を爆破しようとしたリチャード・リードらが入っている。


裁判で反省の色を見せなかったムサウイ被告に対し、ブリンクマ判事は4日、「あなたは超最大級の警備の施設で残りの人生を過ごすことになる。勝者と敗者に関していえば、誰が勝利し、誰が負けたかは明らかだ」と、怒りの声を浴びせた。


また英国の詩人エリオットを引用し、「あなたは、殉教者として華々しく消え去るために、米国にやってきた。しかし、エリオットを言い換えるとすれば、あなたは、すすり泣きながら死んでいくだろう」と、痛烈な言葉を投げかけた。


判事が退席した後、ムサウイ被告は依然「私は自由になるだろう。私が自由になることは、われわれが神の兵士であることの証明だ」と、持論を展開していた(…以下、続く)。



(この記事はYahoo!ニュースより引用致しました。)




★キーワード:【終身刑 人格崩壊 9.11テロ】★




(イントロからのつづき)



前回の雑談=日記で、死刑囚に対する点滴モレの記事を取り上げたけど、今回は、人格を崩壊させる刑務所のおハナシです。


この終身刑、っていう制度、わが日本にはない(←何故?)。


日本では死刑の次に重いのは、無期懲役…って言っても、コレ、ふつう約15年程度で、釈放される、らしい(←間違っていたらゴメンなさい。)


オレは、死刑には賛成も反対もしていないんだけど、この終身刑っていうシステム?は、はやく日本の司法制度?に導入してほしいって思っている一人…



…だったんだけど、この記事…


人格を崩壊させるために、
この超!重警備のナントカ刑務所に送られる、みたいだね、このテロリスト。



そもそも、この人格を崩壊させる…っていう、
コレ、そのヒトが、そのヒトでなくなっちゃう…ってぇこと、だよな?


ヒトの“アイデンティティ”って、何か、って考えたとき、
カオカタチ、外見もそうだけど、もっと重きを置くべきは、その人格じゃないのかな?


オレの尊敬する、
スピリチュアル・カウンセラーの「江原 啓之」氏の言い方を借りれば、


「人格」=「霊格」=「魂の徳」=「たましいの経験し、感動したトータル量」


って、なってるけど(←コレも間違っていたらゴメンなさい)、



コレを“崩壊”させる…って、

“崩壊”させられる方のヒトにとっては、



「そのヒトであることをやめさせる」…てぇことに、他ならないんじゃないの?




従来の死刑が、「カラダの死刑」なら、


今回の人格崩壊刑務所…



コレって、
「カラダの死刑」よりも残酷な、「ココロの死刑」…なんじゃないのかな?



終身刑…ってぇのは、その長い刑期のなかで、囚人が、自分の所業に反省し、その命が尽きるまで、懺悔する…っていうイメージがあったんだけどね…




あ、べつにオレは、
このテロリストを弁護しよう、なんてぇな気持ちは、サラサラない。


けど、この「ココロの死刑」?
っていう、今回のこの記事、相当考えさせられたのは事実ですんで。


このテロリストの
「魂 たましい」は、一体ドコいっちゃうんでしょうか…なぁんて、ね?



【◆さわるべからず!】




ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2006年01月05日

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No. 29 【症候群】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】



英名:「シンドローム」。広辞苑では、「幾つかの症状が伴って現れる時、病名に準じて使う医学用語のこと」って載っている。ナンやらオソロシゲな病気を思い浮かべるが、一般の皆サンも、実はすでに体験ズミ…たとえば、ダレでも知ってる「かぜ」。アレは、正式名称、「かぜ症候群」といって、セキ、くしゃみ、発熱、悪寒…なんかの諸症状が、いっぺんに現れる「シンドローム」なのだ。この言葉、ゴロが良いせいか、映画やマンガなんかのタイトルになることが多い。「チャイナ・シンドローム」「軽井沢シンドローム」、なんてね(…古い?)。


(以上、21秒!)


☆同義語------★【シンドローム】

☆関連&参照ページ------★【風邪(かぜ)】★【シックハウス症候群】


【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No. 28 【シックハウス症候群】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


新築や改築後の家ん中に入ると…あのナンともいえないツ〜ン…っていうニオイに苛(さいな)まれる。建材や、内装なんかに使用されている接着剤や塗料の中の化学物質(…おもにアルデヒド)が原因で、ユックリと室内の空気に混じり、そこに住んでるヒトに、頭痛、ダルさ、吐き気…などの体調の不良なんかが現れてくる…この一連の症状を「シックハウス症候群」と総称する。ちなみに、英名は「Sick building syndrome シックビル症候群」。だから、「シックハウス症候群」というのはいわゆる「和製英語」なのだよ。(コレってトリビア?)


(以上、21秒!)


☆関連&参照ページ------★【症候群】(=しょうこうぐん)★★★★★★★



【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.27【しゃっくり】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


専門用語で、「吃逆 きつぎゃく」、英語で「hiccup ヒカップ」。医学辞典では、「横隔膜の不随意な収縮による、吸気性の異常音」…ってなってるけど、要するに「ムネとハラの間にある膜がケイレンをおこしてる」ってぇこと。止め方は、驚かす、水を飲ませる…医療行為としては、「制吐剤プリ▼ペランを飲ます」、「柿のヘタを煎じる?」…なんてなモンまであるが…「しゃっくりとは、医学的に“ミオクローヌス発作”である」ことから、「チアプリド=グラ▼リール」を飲ませる。重症&病的なしゃっくりは、コレ一発で止まります、いやマジで。


(以上、21秒!)


【注】:「ミオクローヌス発作」
…については、難解につき、ハショリます(アシからず)。




【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.26 【カラダとココロとオカネの健康】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


WHO(=世界保健機構)における「健康 けんこう」の定義…ってぇのは…「“健康”とは…完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病=病気の存在しないことではない。」…ってなってるけど、ホームレス・ドクター:野良医者のオレ(=江畑)の経験からいうと、「真の健康」…ってぇのは、「カラダ」「ココロ」「オカネ」…この3つの健康が、すべて兼ねそなわっている状態…なんだってば。…数年前、この3つの健康を、一瞬にして!失った過去をもつオレ(=江畑)が唱えてんだから、含蓄(ガンチク)があんだろ、な?


(以上、21秒!)


☆関連&参照ページ------★【野良医者】★【ホームレスドクター】




【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.25 【野良医者】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


野良=野生…ってなフンイキで、孤高?カッコいい?…かもしれないけど、要するに、「ホームレスなドクター」、オレ(=江畑)の別称。数年前、オボッチャンだったオレは、大事故にあった直後、尊敬&信頼していた「一番近しい身内」に、騙され、謀(たばか)れ、裏切られ…「地位」も「名誉」も「オカネ」もナニもかも一瞬にして失ない…「カラダとココロとオカネ」が不自由なまんま、冬の寒空に放り出された。そん時の絶望感から比べれば、今こうして1万人強の読者にメルマガ配信できる…ってぇのは、至上のシアワセです、ホント。


(以上、21秒!)


☆同義語------★【ホームレスドクター】

☆関連&参照ページ------★【カラダとココロとオカネの健康】



【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.24 【QOL】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】



Quality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)の略。日本語に直訳すると「人生の質」となる。ガンの末期や、難病を患(わずら)う患者サンたちの延命治療の際に、このQOLという語句がよく医療現場で使われる。『この治療を行なうことによって、この患者のQOLが向上するか否か…?』なんてな具合にね。アナタのQOLはいま、十分に満足しうる状態ですか?ちなみにオレの場合、大学病院を辞めて、QOLは著しく!向上したなぁ(もっとも、その数年後、QOLはドンゾコに堕ち、生きたシカバネ=野良医者と化しちまったけどさ…)。


(以上、21秒!)


☆関連&参照ページ------★【野良医者】


【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.23 【ショック】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


「超ショックぅ〜…」なぁんて、よく軽々しく使われてる言葉だけど、医学的にはマッタク意味が違う。「大量出血や、心不全などの原因で、全身の毛細血管(もうさいけっかん)のマヒや拡張などが起こり、カラダ全体の血のめぐりが悪くなったため、血が脳や心臓なんかの重要なトコロに行かず、トンでもない重篤(じゅうとく)な症状を呈す、一種の「血液の循環不全」のことをいう。血圧の急激な低下や、体温の低下、脈拍や呼吸数の上昇など、バイタルも急激に変化する。これまでカンチガイしてた皆サマ、どう?「ショック」でしょ…?


(以上、21秒!)


☆関連&参照ページ------★【バイタル・サイン】



【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.22 【アトピーの悪循環】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


一般に、アトピー性皮膚炎のヒトは…「カユい → 掻く → 皮膚のバリヤー機構(ばりやーきこう)がコワれる → バイキンが入る → ヒフのシメリケや油分がなくなる → ますますカユくなる → 掻く…」さらに、コレらに「自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうっしょう)」や、「精神的ストレス(せいしんてきすとれす)」なんかも加わって悪化していく…っていう、一種の「悪いワッカ?スパイラル…?」のこと。コレのドッカ1ヶ所、または数ヶ所を、たち切っちゃえば、アトピー性皮膚炎は、必ず!軽快するハズですんで。


(以上、21秒!)


☆関連&参照ページ------★【アトピー】



【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

2006年01月04日

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.21 【アトピー】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


主に「アトピー性皮膚炎 あとぴーせいひふえん」を指す。アトピー素因をもつヒトの、ヒフのバリヤー機構(ばりやーきこう)が用をなさなくなり、カユい湿疹がアチコチにできる状態。ナンかの遺伝が関係する…って言われてる、過敏症(かびんしょう)のこと。原因としては、ダニやハウスダスト、ある一定の食物なんかに対するアレルギー…がその正体…?治療としてスンゲぇよく効くステロイド剤は、様々な副作用があるんで、使うときは要注意。「アトピーの悪循環 あくじゅんかん」を断ち切れば、ナオリが早くなる…と言われている。


(…以上、21秒!)



☆関連&参照ページ------★【アトピーの悪循環】




【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.20 【セカンド・オピニオン】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


現在の医者=主治医(しゅじい)の診断や、治療が芳(かんば)しくないとき、違う医者を紹介してもらい、その「2番目の医者」の意見をきくこと。スーパー「A」で、安売りのキャベツを見つけたけど、スーパー「B」にもいってみようかなぁ…的な、カルいノリでよい。もしも主治医(しゅじい)が「2番目の医者」の紹介をイヤがったら、おもいっきり激怒してください。ナンせ、アナタ=患者サンはソレをする権利があり、医者はソレに答える義務があるんですから、ね?(…違いますかぃ?自分の医療に自信のナイ迷医サンたち…?)

(以上、21秒!)


☆関連&参照ページ------★【もうチョッと様子を見ましょう】



【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.19 【もうチョッと様子を見ましょう】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


アホ医者の常套句(じょうとうく)…ってか、キマリ文句。技術や知識、経験がないドクターが、病名や、治療法がわからない際に、よ〜く使う決めゼリフ。「ワタシゃワカリません。」「ワタシゃ知りません。」…などと同義語。このセリフを言う際、医者はゼッタイ!患者の目を見ない(見れない?)のが特徴。 患者側がコレ言われたら、「あ?ヨースを見たくねぇから、ココ(=診察室)に来てるんじゃネェかよ!」…ってキレましょう。気の弱い医者なら、すぐに「セカンド・オピニオン」を紹介してくれますよ(…でなきゃサラに怒りましょう)。

(以上、21秒!)


☆関連&参照ページ------★【セカンド・オピニオン】




【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.18 【悪性中皮腫】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


正式名称「メゾテリオーマ」。カラダん中には、胸膜(きょうまく)や腹膜(ふくまく)なんかの表面をカバーしている「中皮細胞 ちゅうひさいぼう」ってのがあって、そこから発生したガンのこと。有名なモノは、アスベストが原因の「胸膜の悪性中皮腫」で、アスベストを吸い込んでから数十年後に発病し、大量の胸水(きょうすい)が貯まり、呼吸状態が悪化して、数年以内に亡くなってしまう…っていう、かなり!ヤッカイな病気。かのスティーブ・マックイーンも、この悪性中皮腫で亡くなった、らしい(オレ=江畑は最近知りました)。

(以上、21秒!)


☆関連&参照ページ------★【アスベスト】



【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

★21秒!医療用語 独断翻訳 百科事典 Index No.17 【アスベスト】



◆さわんないでクレ! → 【ぶ▲ぐらん▼んぐの確認】


石綿(いしわた)のこと。繊維性(せんいせい)の鉱物を、綿(ワタ)状にしたモノ。むかし、理科の実験ンとき、「石綿金網 いしわたかなあみ」って、絶対燃えないヤツあったろ?アレです。世界中のアチコチで断熱材とか、日用品とかに使われまくっていた。しかし、細かいチリ状になったコレがまい上がってる環境に何十年とさらされると、ジワジワ、肺なんかに貯まっちゃって、結果、悪性中皮腫なんてな重病を引き起こしちまう。最近ではこのアスベスト、「静かなる時限爆弾」…なんてな、ブッソーな呼び名がついてしまった。


(以上、21秒!)



☆関連&参照ページ------★【悪性中皮腫】



【livedoor wiki(ライブドア・ウィキ)】フロントページ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 21秒!◆【医療用語 独断翻訳 百科事典】◆

ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』無料メルマガに今すぐ登録!
- この記事へのトラックバック (DISALLOWED (TrackBack)) -

«Prev || 1 · 2 · 3 · Next»

メルマガ無料登録


ホーム“レス”ドクターの『カラダの健康』に関する無料メールマガジンに今すぐ登録!

エバっちゃん紹介


ホームレスドクター
江畑李下(えばたりか)

詳しくはこちらから。


ブログ記事の検索




前月 2019年09月 翌月


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

記事のカテゴリ


最新の記事


過去の記事


リンク

毒舌医学レポート

カルテNo.1『高血圧』:
"血圧"が上がると体調よくない?って、ホントかよ?

カルテNo.2『貧血』:
"貧血"で倒れました?って、ホントに"貧血"かい?

カルテNo.3『薬の副作用』:
"クスリ"の副作用がコワイって?

カルテNo.4『風邪薬』:
"風邪"には効かない"カゼ薬"?

カルテNo.5『体脂肪率』:
「体重増加」=「太った」なんて大ウソだ?

カルテNo.6『研修医』:
恐怖の"ジューン・ブラッド"

カルテNo.7『糖尿病』:
ガンよりコワいぜ?"糖尿病"

カルテNo.8『煙草』:
"サビない"ひとはケムリが嫌い

カルテNo.9『医者の喫煙』:
車内の"携帯"、院内の"喫煙"

カルテNo.10『心房細動』:
「心」の「房」が「細」かく「動」く

カルテNo.11『動悸』:
ドキドキ"ど〜き"の正体とは?

カルテNo.12『肝臓』:
たくましすぎるのが欠点なんです

カルテNo.13『便検査』:
"ウンコ"って、健康の「モノサシ」なんです

カルテNo.14『尿検査』:
"オシッコ"だって健康の「モノサシ」です

カルテNo.15『馬鹿医者』:
「ガンコな寿司屋」と「怒鳴るお医者サマ」は、お好き?

カルテNo.16『顎関節症』:
痛くて、開かず、鳴ったら、ガクガク

カルテNo.17『口呼吸』:
開いた"口"がふさがらない

カルテNo.18『プラセボ(偽薬)』:
意外とよくきく魔法のクスリ?

カルテNo.19『右脚ブロック』:
心臓の「右アシ」折れてるんです?

カルテNo.20『負荷心電図』:
負ける"荷物"の心電図

カルテNo.21『胃潰瘍 & ピロリ菌』:
カワイコぶった怖〜いヤツ

カルテNo.22『馬鹿医者その2』:
妖怪Dr."ぬらりひょん"の咆哮

カルテNo.23『胃内視鏡(胃カメラ)』:
カメラのクダがクダらない

カルテNo.24『水虫』:
出たゾ、カユいゾ、イッヒッヒ!

カルテNo.25『胆石 & 腹腔鏡』:
イシを取らわばアナ4つ

カルテNo.26『腎・尿路結石』:
ハライタの"銅メダル"

カルテNo.27『おじさん & 加齢臭』:
「オジサン」の境界線

カルテNo.28『おばさん & 体脂肪率その2』:
「オバサン」の診断基準!?

カルテNo.29『痛風 & 高尿酸血症』:
"風"がフイても"痛い"んです

カルテNo.30『高脂血症(コレステロール)』:
"アブラ"のイイやつ、悪いヤツ

カルテNo.31『アトピー性皮膚炎』:
カユイのカユイのトンでいけ

カルテNo.32『冷え性』:
ツメタい足先 アツい靴下

カルテNo.33『花粉症』:
飛びまくりスギて、泣きヌレる季節

カルテNo.34『救命救急』:
シキュウ、キンキュウ、ソウキュウに

カルテNo.35『アンチエイジング』:
「酸素クズレ」対「老化シラズ」

カルテNo.36『白血球&血液内科』:
血のプロの、血のニジむ努力って?

カルテNo.37『中性脂肪&ダイエット』:
ブヨブヨ出っパラの"正体"って?

カルテNo.38『筋緊張性頭痛&肩こり』:
アタマがいたいのが頭痛のタネです?

カルテNo.39『低血圧』:
おヒル過ぎなきゃ起きらんないよ…?